タブラ奏者 指原一登 オフィシャルサイト

新着情報・ライブ情報・ブログは、新オフィシャルサイト kazutosashihara.com へ移行しました。HEAT bEAT MUSIC 主宰。公演企画・タブラ教室の運営を行っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「シィナバシィナ(胸と胸を合わせる)」⑤苦手なところにヒントが隠されている

タブラ目線 のコピー




モーシンのインタビューで触れられた「シィナバシィナ(胸と胸を合わせる)」

この言葉をキーワードに書いていきます。



インタビューの中で、「デーカ・シーカ・パリーカ(見る/面と向かう/練習し現場で工夫する)」ということも言っています。

この中でも特に「シーカ(面と向かう)」が一番大事だということです。






**

「苦手なところにヒントが隠されている」



これはタブラの先生であるU-zhaan の言葉です。日頃呼んでいるように、湯沢さんの言葉として紹介したいと思います。

この冬はインドへ行っていないので、先日湯沢さんのレッスンを受けに行きました。

そこで、また同じことを言われてしまいうなだれました。実はもう何年も言われ続けていることだからです。

これも、いままで「面と向かう」姿勢がどれだけ足りなかったか、という表れだと「シィナバシィナ」というキーワードに出会って痛感してます。




「苦手なところにヒントが隠されている」



湯沢さんからは何度か聞いている言葉です。

得意なところを伸ばしていく。色々なところでそんな考え方も耳にしますが、タブラに関しては「苦手だから捨てておく」ことの出来る部分は

『ない』これが答えです。

苦手なところは捨てておけるのならそうしたい、練習するのもしんどいし。。

やっぱり苦手から逃げていたんですよね。

でも、じゃあ得意なところって何?どれだけ伸びてんの?というときに、実際ぜんぜん伸びていない。。




「苦手なところにヒントが隠されている」



結局、苦手を克服するために一から全部やり直す羽目になっています。

フォームから叩き方から体の使い方から。根本的にはその取り組む姿勢から。

相当意識してないと染み込んんだ癖はなかなか抜けないし、おかげでぎこちなくもなります。

でも、やっぱりそれが一番の近道だろうし、それしかないんだなと実感しています。




*

今年のモーシン公演は、このプロセスを経て、昨年の共演とは全く別物になってくるはず。

どこまで伸ばせるか。それだけです。








[ モーシンアリカーン来日公演2016 ]

モーシンアリカーン来日公演オフィシャルサイト
http://mohsinalikhan-japantour.jimdo.com

来日公演FBページ
https://www.facebook.com/mohsinalikhan.japan.2015/

■4/2(土) HEAT bEAT MUSIC主催:マスミ公演 ワークショプ&ライブ
https://www.facebook.com/events/213473402331018/

【日時】2016年4月2日(土)
【会場】マスミ スペースMURO
    http://www.masumi-j.com/
    東京都豊島区巣鴨4丁目5-2

ワークショップ
開場 13:00 / 開始 13:30
【出演】講師:モーシンアリカーン
ナビゲーター:指原一登

-----

◎ライブ
開場 15:30 / 開演 16:00
【出演】モーシンアリカーン (ヴォーカル)
    ヨシダダイキチ (シタール)
    指原一登 (タブラ)
【料金】
ワークショップ》 2,000円
《ライブ》 予約:3,000円 / 当日:3,500円
ワークショップとライブの通し券(要予約)4,500円


■昨年の演奏(インド大使館ホール)



| インド音楽 | 12:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「シィナバシィナ(胸と胸を合わせる)」④言われたことの意味がようやく分かった

IMG_0256 のコピー
クトゥブ・ミナール(デリーにて)



モーシンのインタビューで触れられた「シィナバシィナ(胸と胸を合わせる)」という言葉をキーワードに書いています。






**

昨年デリーで、台湾のシタール奏者・金光良平(YO)くんに、彼の師匠であるウスタッド・シュジャート・カーンのレッスンに、同行して見学させてもらったことがある。

実は、その時にシュジャート師匠に言われたことの意味が、ずっと分からなかったのだけれど、この「シィナバシィナ」という言葉ではっきりと分かるに至った。





ウスタッド・シュジャート・カーン(ウスタッドは敬称)は、インドでも超有名なシタールの巨匠で、世界中を飛び回っている超多忙な人でもある。体格も大きく、風格も迫力も半端ない。

レッスンでは、そういう人が、本当に手加減なしに真剣に教えてくれていることに衝撃を受けた。威圧しているわけではなくても、その迫力に圧倒されて見学しているだけでも脂汗が出てきてしまう程だ。

もちろん誰を相手にでもそんなレッスンをつけてくれるわけではないのは確かで、YOくんはその年の初めに「観光気分ならもう俺のところには来るな」とも言われたそうだ。

自分はそんな言葉は今まで言われたことがない。。





レッスンの終わりに、シュジャート師匠から直接質問された。

「君は、前回師匠に習ったことを、どれだけ出来るようになったと思ってまた習いに来るのか?」

「正直、十分出来るようになったと思って来たことは一度もありません」

と答えた。

師匠は、呆れ顔で言った。

「本当に悲しいことだ。海外から、こうやって沢山の人間が、沢山のお金と、沢山の時間と、沢山のエネルギーを使って習いにやってくる。だけど多くの場合、表面的なことを教わってるだけだ。ノートにいくつかのフレーズを書いて教えた教わったという。だけどそんなことは本当に無意味なこと。Absolutely nothing だ。」

そしてレッスンの伴奏をしていた、アメリカから来ているマイルスというタブラ奏者に、

「おまえは俺の言っている意味が分かるか?」

と聞き、彼は

「分かる」と答えた。






**

シィナバシィナ(胸と胸を合わせる)」を抜きにしたものは、「インド音楽」としては成立しないし、もっと広く言えば伝統・伝承という行為が成立しない。

「社会」の中で、生き残り伝わってきたもの。

弟子にとっては、師匠が一番身近な「社会」になる。

だから師匠の許しを得なければ「社会」に出ていけない。

師が教えてくれることは、単にフレーズや技術や理論などといったではなく、社会の中でどうやって「生きていく」かを体現し、その智慧を教えてくれている。

だから、シンプルなフレーズひとつにもその智慧が詰まっている。

ただ、それは「シィナバシィナ」の関係でなければ受け取れない。





自分がそんな姿勢で今までしっかり学んできただろうか?

現に、シュジャート師匠の言った意味が分からなかったのが、その答えだろう。

インド人だから、外国人だから、そんな意識がなかったか?と問われれば、それはあった。

だけど、どこで生まれ育ったということは変えようがない事実としては存在しても、「胸と胸を合わせて」学ぶことには何の関係もない。


ようやく分かった。






**

シィナバシィナ(胸と胸を合わせる)」という言葉に出会ったのは、全てを見直す大きなチャンス。

全てを明らかにし、そして変わっていくことを示していく。

モーシン来日公演は、それを示し証明していく大きなチャンス。



見ていてください!








[ モーシンアリカーン来日公演2016 ]

■オフィシャルサイト
http://mohsinalikhan-japantour.jimdo.com

■FBページ
https://www.facebook.com/mohsinalikhan.japan.2015/

■4/2(土) マスミ公演 ワークショプ&ライブ
https://www.facebook.com/events/213473402331018/
【日時】2016年4月2日(土)
【会場】マスミ スペースMURO
    http://www.masumi-j.com/
    東京都豊島区巣鴨4丁目5-2

ワークショップ
開場 13:00 / 開始 13:30
【出演】講師:モーシンアリカーン
ナビゲーター:指原一登

-----

◎ライブ
開場 15:30 / 開演 16:00
【出演】モーシンアリカーン (ヴォーカル)
    ヨシダダイキチ (シタール)
    指原一登 (タブラ)
【料金】
ワークショップ》 2,000円
《ライブ》 予約:3,000円 / 当日:3,500円
ワークショップとライブの通し券(要予約)4,500円

| インド音楽 | 17:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「シィナバシィナ(胸と胸を合わせる)」③ラストチャンス

P2080064 のコピー
photo: 浮花


モーシンのインタビューで触れられた「シィナバシィナ(胸と胸を合わせる)」という言葉をキーワードに書いていきます。






**
シィナバシィナ(胸と胸を合わせる)」というのは、究極的な真理であり本質なので、向き合うほど、ボロボロと自分自身の身に纏った皮が剥がれ落ちてくる。



*
「ゼロからスタート」といっても、「ゼロとは何か?」と問われれば、

社会的に価値のあるものを生み出せていない=社会から認められていない

実績も結果も残せていない

演奏技術を師匠に先生に認めてもらっていない

仕事として社会に何かを生み出し経歴を残していない=社会的信用を得ていない

これら全てを認識し明らかにして、ひとつずつ証明していくこと

と言える。

全て証明して初めてプロフェッショナルとしてやっていく資格がある。

今はどれだけ証明できているのか?と問われれば何も証明できていない。



*
そんなことばかり言って、じゃあ一体いつ何を証明するんだよ?という話。

まずは、この目前に迫ったモーシン来日公演に全てかかっている。

演奏に関しては、少なくともモーシンに認めてもらう必要がある。インド音楽の基準で。昨年共演したレベルでは認めてもらったとは言えない。

また、今回の来日では、4/2(土)の大塚公演を、企画制作から任されている。そしてすでに多くの人に協力してもらって企画が進行している。そうして社会性が生まれている以上、これを興行という仕事として成功させること、それが社会の中でひとつの証明に繋がる。




*
身内を集めて飲み屋で勝手な基準で演奏していても、100年やっても社会性は生まないし、当然社会で認められることもない。そういう活動をいままで何年もしてきてしまったことは、大きなマイナスであり失敗。それは致命的であるけれど、事実として受け入れる必要のあること。

「ゼロから」「自分次第」などという言葉も、繰り返せば繰り返すほど、独りよがりになっていく自分にも気づく。独りよがりになれば「ゼロとは」も「シィナバシィナ」の意味も、分かってるつもりで完結させようとしてしまう自我が知らぬ間にに出てくる。本当にそんな間違いを繰り返している場合ではない。

今必要なことは、社会的に価値のあるものを生み出していけるように、人の協力を得られるように、行動していくこと。それが環境を創っていくことになる。




*
「人生はいつからでも変えられる」というけれど、年齢や家族のことを考えても、タブラに関しては正直これがラストチャンス。今与えられている状況やチャンスは実際奇跡のようなものです。協力してくれている人、応援してくれている人がいることも奇跡です。

それを思うと有難すぎて感謝しきれません。

このチャンス、何としてでもモノにします。






[ モーシンアリカーン来日公演2016 ]

■オフィシャルサイト
http://mohsinalikhan-japantour.jimdo.com

■FBページ
https://www.facebook.com/mohsinalikhan.japan.2015/

■4/2(土) マスミ公演 ワークショプ&ライブ
https://www.facebook.com/events/213473402331018/

【日時】2016年4月2日(土)
【会場】マスミ スペースMURO
    http://www.masumi-j.com/
    東京都豊島区巣鴨4丁目5-2

ワークショップ
開場 13:00 / 開始 13:30
【出演】講師:モーシンアリカーン
ナビゲーター:指原一登

-----

◎ライブ
開場 15:30 / 開演 16:00
【出演】モーシンアリカーン (ヴォーカル)
    ヨシダダイキチ (シタール)
    指原一登 (タブラ)
【料金】
ワークショップ》 2,000円
《ライブ》 予約:3,000円 / 当日:3,500円
ワークショップとライブの通し券(要予約)4,500円

| インド音楽 | 14:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「シィナバシィナ(胸と胸を合わせる)」②矛盾と葛藤

Art Talk のコピー


モーシンのインタビューで触れられた「シィナバシィナ(胸と胸を合わせる)」という言葉をキーワードに書いていきます。
https://youtu.be/45v3AYixk7M




**
インド音楽を学び、演奏する上で、「シィナバシィナ(胸と胸を合わせる)」「面と向かう」ということは、重要であり欠かせないことだ。

ただ、この重要性を理解するほど、自分の中での矛盾と葛藤が大きくなっている。

それは、どれだけこの「面と向かう」ということが出来ているか?ということについて、実はコルカタに通い始めてから、ずっと自分自身に対して懐疑的な思いがあるからだ。



**

これは、僕のインドの師匠が、タブラと音楽について語っている番組の動画。

僕はこの親子に習っているのだ。

Art Talk


色々貴重で興味深い内容が語られているけれど、大きく次のようなことに触れている。

・Clarity(明確さ)の重要性(2”44)
・Melodicであることの重要性(6”20)
・流派を超えて人や環境から学んでいくことの重要性(8”20)
・伝え繋げていくことの責任(13”25)

※興味のある人は、ぜひ実際に動画を見てみてください。すごい演奏も聴けます。






**
オニンド師匠(ベンガル語発音)は、何しろタブラのスーパースターだ。

スターに会いに行くだけの観光なら構わないけど、弟子であると名乗るにはかなりの覚悟がいる。「面と向かう」という時間が圧倒的に足りないという現実との矛盾も越えていく必要があるからだ。



動画の中でも、繰り返し「Clarity」と言っているように、師匠の前に面と向かって自分をさらせば、厳しい顔で不愉快そうに「Clarityがない」「Weightがない」「出来ていない」と言われる。

もちろん自分が出来るようになるしかない。

縮み上がる思いもするし、出来なさすぎて、情けないやら泣きたいやら死にたいやらという気にもなる。好き好んでそんな気持ちになりに行くわけではもちろんないけど、やはり「面と向かう」以外にないから行く。少なくとも、その空気の中に身を置かなければ学べないと認識するからだ。才能のある生徒には子供であっても本当に厳しい。



師匠の息子であるアヌブラータ先生には、より個人的なレッスンをつけてもらっている。ムンバイでは、寝食を共にして、現場へ行ったり、より実践的な練習を一緒にしてもらったりと、確かに習い始めより良い関係が築けてきている。

だけど、この環境に身を置ける時間も短すぎる。



本来ならば、年中そういう空気の中にいなければならない。例えば、熱帯魚が熱帯魚であるためには、熱帯の海や川の水が必要なように。


外国人が年に一回習いに行ったところで何の意味があるのだろうか?

日本に帰れば、熱帯魚にとっての熱帯の海や川もないのに?




**
シィナバシィナ(胸と胸を合わせる)」というキーワードを得たことで、抱えていた矛盾や葛藤の正体もはっきりする。

田舎町での学び方と、都会での通いレッスンでの学び方、最初はそういう違いもあるかと思っていたところもあるけれど、実際には、本当の意味での「胸と胸を合わせる」ことなど出来ていないだけなのだ。

つまり、未だしっかりと学びの環境を作れていない、ということだ。



そこから、どうやって「環境」を創っていくか。

「ゼロからスタートする」ということは、この状況ともしっかり面と向かっていくということだ。



師匠の言葉を具体的に引用して、もう少し書いていきたい。






**

[ モーシンアリカーン来日公演2016 ]

■オフィシャルサイト
http://mohsinalikhan-japantour.jimdo.com

■FBページ
https://www.facebook.com/mohsinalikhan.japan.2015/


■4/2(土) マスミ公演 ワークショプ&ライブ
160402_mohsin_blog.jpeg

https://www.facebook.com/events/213473402331018/

【日時】2016年4月2日(土)
【会場】マスミ スペースMURO
    http://www.masumi-j.com/
    東京都豊島区巣鴨4丁目5-2

◎ワークショップ
開場 13:00 / 開始 13:30
【出演】講師:モーシンアリカーン
ナビゲーター:指原一登

-----

◎ライブ
開場 15:30 / 開演 16:00
【出演】モーシンアリカーン (ヴォーカル)
    ヨシダダイキチ (シタール)
    指原一登 (タブラ)
【料金】
《ワークショップ》 2,000円
《ライブ》 予約:3,000円 / 当日:3,500円
*ワークショップとライブの通し券(要予約)4,500円

| インド音楽 | 21:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「シィナバシィナ(胸と胸を合わせる)」とは?① 腑に落ちる感覚

モーシンインタビューjpg のコピー


モーシンのインタビューからは、学べること思うことが沢山ある。

インド音楽について、伝統・伝承について、それとどう関わっていくのか、創っていきたい未来について、自分自身のタブラとの出会いについても。




**
モーシンアリカーンインタビュー
「学ぶための心構えがあります」



シィナバシィナ(胸と胸を合わせる)」とは、音楽を学ぶにあたって師と向かい合って座るということ。(動画の3’15〜)

「デーカ・シーカ・パリーカ(見る・面と向かう・練習し演奏し工夫する)」という諺を取り上げ、「シーカ(師匠と面と向かう)」が音楽を学ぶ上では一番重要なこと、それがなくては音楽を学んでいることにはなりません。







**
タブラと出会って、僕の人生は変わった。

この出会いの感覚については、今まで、上手く説明できない部分があった。

自分の中で「見つけた」とも「見出された」ともつかない感覚があったのだけれど、それが何なのか上手く表現できなかった。

だから、人には「ハマっちゃったんですね」なんて一言で片付けられたりしてしまったりもしたけど、それは正直馴染まなかった。

モーシンのインタビューで「シィナバシィナ(胸と胸を合わせる)」「シーカ(面と向かう)」という言葉を聞いて、腑に落ちる感覚がある。



*
最初にインドに行ったときは、まだ今のようなインターネット社会ではなかったから、現地の音楽を探しに行く旅、そしてタブラという楽器を手に入れるための旅。

Beatlesでもタブラが使われていたくらいの知識しかなくて、どんな楽器でどうやって叩くなんて全然知らず、インドのパーカッションを手に入れたいという漠然としたものだけ。

バックパック背負って「人生探し」なんて言葉が一時期流行ったけど、それもしっくりこないなと思っていて、今思えばそれは「価値観」を探しに行っていたのだろうと思う。

たまたま僕が育ったのが、バブル崩壊と、その後のいわゆる「失われた20年」と言われる時代。

戦後信じられていた価値観がバブルとともに崩壊して、世の中が地に足つかずで迷走しているようだった。オウム事件やら毒入り事件やらが頻発していて今思ってもあまり明るい時代ではない。

その中にあって、音楽に救いを見出していたし、その時出会ったのがこの「面と向かう」ことの価値だったのだろうと思う。




*
「胸と胸を合わせる」「向き合って座る」

最初のタブラの先生は、ラジャスタンの小さな街のローカルミュージシャンだったから、全然有名でもないし、今僕が目指しているところの古典音楽も演奏できない。だけど、古典の基礎的な素養はあった。ラジャスターニーな(砂漠の地方をイメージしてもらうと分かりやすいと思う)パーカッシブで熱いタブラが抜群に上手い人でもある。

楽器を手に入れたいくらいにしか思っていなかった僕が、本当の意味でタブラと出会えたのは、最初に出会った先生のおかげだとずっと思ってる。

後々、コルカタやムンバイなんていう大都会に行くと、環境も音楽を取り巻く状況も違いすぎて、「それは誰?」「上手いの?」なんて聞かれても、同じ定規で計れないだけに困ったりしたりもした。

今ははっきりと、この一番重要な「胸と胸を合わせる」「向き合って座る」を教えてくれた人だから、恩人だと感じているんだと納得している。

色々あってもタブラを続けて来ているのは、それがあるのではないかと思う。

それは、入り口は入り口として良かったと思う。




*
ここからは、これからの学びと取り組みの環境を、再構築して創り出していくことが重要なときだ。








モーシンアリカーン来日公演2016 -マスミ スペースMURO-』

【日時】2016年4月2日(土)
【会場】マスミ スペースMURO
    http://www.masumi-j.com/
    東京都豊島区巣鴨4丁目5-2

◎ワークショップ
開場 13:00 / 開始 13:30
【出演】講師:モーシンアリカーン
ナビゲーター:指原一登

-----

◎ライブ
開場 15:30 / 開演 16:00
【出演】モーシン・アリカーン (ヴォーカル)
    ヨシダダイキチ (シタール)
    指原一登 (タブラ)
【料金】
《ワークショップ》 2,000円
《ライブ》 予約:3,000円 / 当日:3,500円
*ワークショップとライブの通し券(要予約)4,500円

【詳細】https://www.facebook.com/events/213473402331018/




[ モーシン・アリカーン来日公演2016 ]

■オフィシャルサイト
http://mohsinalikhan-japantour.jimdo.com

■FBページ
https://www.facebook.com/mohsinalikhan.japan.2015/

| インド音楽 | 18:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モーシン来日公演2016 に向けての所信表明

_DSC6997 のコピー 2
photo: NORI

モーシンが昨年につづき、再び来日する。

昨年は5公演で共演させてもらったけれど、今回は4/2(土)の1公演のみ。

それだけに、そこへ向けてしっかりと準備に集中したいと思っている。



この一年で、メロディとターラの関係の重要性について痛感してきた。

ターラというリズムサイクルを強力に回していく秘訣、そして音楽にエネルギーを生み出す源となるものだ。

これはそう容易く表現できることではないけど、そのエネルギーの生まれていないものはインド音楽ではない。

まだまだ自分も分からないことが沢山ある。

インドで、そして今回の公演でもそうだし、これからも学び、研究し実践し続けていくことでもある。




正直なところ、 昨年の自分の演奏を今聴いても、この人は知らないんだな、と思う部分ばかりだ。

確かに、見え方聴こえ方が変わっている証拠ではある。

同時に、それは、何をもってインド音楽とするのかという基準の問題でもある。

インドの基準でどれだけ出来るのか、とにかくそれだけに標準を合わせている。




**

昨年の自分の言葉を拾ってみた。



今回の招聘の目的は、これからインド音楽の伝統を背負っていくことになる若手のインド人、しかも実力のある音楽家と共演することで、今、この瞬間に生まれるフレッシュで躍動感にあふれるインド音楽を、ここ日本でも一緒に創っていくことにある。

その現場を出来るだけ多くの人に観てもらうことで、広くこの音楽の面白さを知ってほしい。

そして活発な交流の流れを、ここ日本にも呼び込みたい。

来日するモーシンアリカーンの歌唱は、溢れるエネルギーに満ちている。

きっと新しい感動に触れられる。

ぜひ多くの人とそれを共有したい。



その想いはもちろん変わらない。

それが今後の活動で目指していくところなのだから。

**





昨年と今年の活動の仕方は大きく変わってくるだろう。
というより、次のステップに進むために変えていく方針でいる。

昨年に辿り着いた、「ゼロからのスタート」
そこからスタートするための、じっくり腰を据えて取り組むべき静かな取り組み。

そして、上の言葉にあるように、目指していく目標のための取り組み。



もちろん、それらは実際にもう始まっている。

どうやって、どれだけ実現していけるかは自分次第。

どうやって、どれだけ実現していけるかは環境次第。

環境を、どうやって、どれだけ実現していけるか。



その大きな一歩に、この公演も位置付けているのだ。






160402_mohsin_blog.jpeg


【日時】2016年4月2日(土)
【会場】マスミ スペースMURO
    http://www.masumi-j.com/
    東京都豊島区巣鴨4丁目5-2

◎ワークショップ
開場 13:00 / 開始 13:30
【出演】講師:モーシンアリカーン
ナビゲーター:指原一登

-----

◎ライブ
開場 15:30 / 開演 16:00
【出演】モーシンアリカーン (ヴォーカル)
    ヨシダダイキチ (シタール)
    指原一登 (タブラ)
【料金】
《ワークショップ》 2,000円
《ライブ》 予約:3,000円 / 当日:3,500円
*ワークショップとライブの通し券(要予約)4,500円

【詳細】https://www.facebook.com/events/213473402331018/

| インド音楽 | 01:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

出会う人との関わりで進化していける。

楽道庵_151216P2060724_s
photo:浮花


「ヨシダダイキチ x 指原一登」at 楽道庵、ご来場くださった皆様、本当に有難うございました!





「小さなこと」の積み重ねが、どれだけ重要で「大きなこと」であるか。

「大きなこと」ばかり言い、「小さなこと」が疎かになれば、一瞬でそこは奈落の底。

記事:『大きなこと小さなこと』







ここから先、本当の綱渡りが始まる。

無駄に危ない橋を渡るということではなく。

目標があるから、目指す設定を下げたり、途中で軟着陸したりは出来ないということ。

途中で「綱を太くして!」とか「谷底を浅くして!」とかはありえない。

進むのか落ちるのか。





誰しもそういう時があるのだと思うけど、人生賭けて本番に入るような瞬間。

喜びの時も情けない時も、その濃度が一層増してくる。

「小さな」独りよがりを「大きな」出会いの喜びに変えていく。

出来ない「大きなこと」も、「小さな」出来ることの積み重ねでしか超えられない。






「環境」

これから創ろうとしているのは「環境」だ。

「環境」は一人だけでは創れないし、出会う人関わっていく人全てがその「環境」の要素でもある。

インドともオープンに交流し、学び、価値を高めていける「環境」

その「環境」に詰まっているものは、計り知れなく「大きい」

そのために自分のやるべきことも、計り知れなく「大きい」

「インド音楽」、自分が出会ったのがたまたま「インド音楽」であると言えるけど、その先には、それを超えて人とリンクしていけるものを生み出していけると確信している。




今その「環境」がないということは、逆に出来てる状態からみると、何も出来ていないということ。

何も出来ていないということは、ネガティブなことではなく、単に今までの環境、方法の延長ではダメで、進化していかないといけないということ。



進化しないと進めない。



現状のままでは、当然、落ちかける要素が沢山ある。

けれど、それは出会う人との関わりで進化していける。

一人では人は変われない。

だから、こうして様々な人と出会い、関わってくれる人がいることには、心底感謝が止まりません。



ここから、着実に、進んで行きたいと思います。


| インド音楽 | 21:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タブラ奏者として⑦(最終回)「大きなこと小さなこと」

150726yudo_2000375.jpg
photo: 浮花




タブラを続けていきたい。

それは最も個人的で最も小さなこと。

だけどそれは、この世の中の、自分以外のすべての人にとっては、はっきり言ってどうでもいいことだ。




**
タブラを続けていきたい。

続けていくには、2つ方法がある。

ひとつは、最も個人的で最も小さいものを、そのままの形で保つこと。

もうひとつは、世の中の自分以外の人にとっても、何かしら役に立ったり有益である形に変えていくこと。






*
「知らない」ということをどう受け止めるかで、自分自身を「大きく」感じるのか「小さく」感じるのか、まったく変わってくる。

何かを学ぶ上で、自分がすでに「大きい」のか、どうしようもないほど「小さい」のかで、学べることは大きく変わってくる。成長の度合いも変わる。



「小さなこと」を「大きなこと」に変える。

「小さなこと」から「大きなこと」を生み出す。

「小さなこと」とは「大きなこと」へ繋がる道。



練習も同じ。

今度のライブも、ひとつの「小さな」ライブかもしれない。

でも、1年後、もっと言えば10年後に繋げられるかという「大きな」ライブでもある。


閉鎖的で謎で難しい「インド音楽」でなく、インドや世界ともオープンに交流し、インド人とも対等に演奏しながら、楽しさ面白さを広めていける「インド音楽」とそれを生み出せるフィールド。

そのフィールドを創り出していくことが目指すべきところだ。





*
何か一つのことを、ただやっていさえすれば、人生前に進んでいくわけではない。

方向性が間違っていては、進めば進むほど良くない。



『ゼロからのスタート』



「間違い」を認めれば、それはできる。

「落とし穴」に落ちたことを知れば、それはできる。

「知らない」ことを受け入れれば、それはできる。



「大きなこと」を実現していくための「小さなこと」はもう動き出している。

「小さな」スタートが、「大きな」未来への第一歩だ。



そのスタートに、その途上に、ぜひ居合わせてもらえると心強いです。

ご拝読、ありがとうございます。




- シリーズ「タブラ奏者として」- おわり








■12/16(水) 「ヨシダダイキチ x 指原一登」

151216_楽道庵flyer_s

【出演】ヨシダダイキチ(シタール)、指原一登(タブラ)
【場所】神田 楽道庵 東京都千代田区神田司町2-16
【時間】開場19:00/開演19:30
【料金】予約¥2500/当日¥2800
【予約】heatbeatmusic.mail@gmail.com 090-4201-6885
【詳細】https://www.facebook.com/events/1077588505593670/


| インド音楽 | 12:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タブラ奏者として⑥「知らない」ということはネガティブなことではない。

sashihara_solo.jpg
photo: 浮花



「知らない」「分からない」というということを正面から受け止めることは、ネガティブなことではない。

むしろ解決の糸口を探る上で、とても可能性のある立ち位置だ。


どういうことだろう?


「知っている」ということは、対象である「ものごと」に対して、自分を内側に置いてものを見ることになる。

それに対して、「知らない」ということは、対象である「ものごと」に対して、自分を外側もしくは周縁に置くことになる。

それによって「ものごと」を、狭い視野でなく、より広い視野をもって、より客観的に見ることができると言えるからだ。

「インド音楽」を、閉鎖的で懐古趣味的な狭い世界のものでなく、よりオープンで、今この瞬間にも進化し続けている現在進行形の音楽として、演奏して、認知してもらい、繋げていくために、もっとも重要なこと。






**

「知らない」



それは、前回書いた「先入観」を取り除く方法でもある。

記事:「脱出」

「自分を疑う」

これもネガティブなことではなく、「ポジティブマインド」と安易に呼んで済ませてしまうような「先入観」をなくす方法だ。

自分の見方・考え方を意識的に排除して、初心者になったつもりで「ものごと」を新鮮な気持ちで見るというポジティブな意味だ。





「知らない」



「インド音楽」について「知らない」

客観的に考えてみれば、それはバカバカしいほど当たり前のことでもある。

それこそ過去にどれだけ多くの命を削るようにして磨かれてきた、広大で深く豊かな音楽を、日本で日本人が「知っている」つもりで演奏なんて出来るだろう?

だけど、そんな当たり前の認識を誤るから「落とし穴」に落ちる。

記事:「音楽を理解する前に」







「知らない」



から始める。つまり「ゼロからスタート」するということだ。

記事:「ゼロからスタートしろ」





**

もうひとつ、このスタート地点を確認するために、重要なこととして書いておきたいことがある。それは、


「大きなことと小さなこと」


ということ





つづく・・・








■12/16(水) 「ヨシダダイキチ x 指原一登」

151216_楽道庵flyer_s


【出演】ヨシダダイキチ(シタール)、指原一登(タブラ)
【場所】神田 楽道庵 東京都千代田区神田司町2-16
【時間】開場19:00/開演19:30
【料金】予約¥2500/当日¥2800
【予約】heatbeatmusic.mail@gmail.com 090-4201-6885
【詳細】https://www.facebook.com/events/1077588505593670/

| インド音楽 | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タブラ奏者として⑤「脱出」

PK-_1900037_s.jpg
photo: 浮花



「落とし穴」とはなにか?

それは別の言い方をすれば、「先入観」や思い込みなのだと思う。

記事:「落とし穴に落ちたら・・」






**

「先入観」には、メリットがあって、人間の脳が日常生活の中で、1日数千種類の選択と決断といった膨大な情報処理を、軽減してくれる働きがあるそうだ。

先入観によって、考えなくても判断したり行動したり出来ることは、人間が生きていくうえで、必要な機能ともなっている。

一方で、時としてこれが逆効果となることがあって、自分の思い込みによって、判断を間違えてしまうということがある。

人間は、「知らない」ものに出会ったときに、その「もの自体」として客観的には認識できず、それを認識するために、事前に予備知識や、把握の枠組みを必要とするそうだ。

その判断をするときに、自分にとって都合の良い情報だけを集めてしまい、意図的にリスクについては見ないようにしてしまう、という危険性もある。





ウンチク・伝説をたくさん知っていることが「インド音楽」を知っていることである

ウンチク・伝説を語ることが「インド音楽」を演奏出来ていることである

スピリチュアルで悠久で高尚なのが「インド音楽」である

聴衆にも知識が必要なのが「インド音楽」である

巨匠のような難解なフレーズや大技を真似ることが「インド音楽」である

教科書の知識から「ラーガとは」「ターラとは」を説明できる


これらは全部「先入観」と思い込みだ。

とにかく「落とし穴」はいくらでもある。




「先入観」と思い込みは「妄想」を生む。

記事:「でも、王様、はだかだよ。」











では、そこから「脱出」するためにはどうしたらいいのか?

これが次の検証段階。




それは、、


「知らない」


ということを、もっと真摯に受け止める、ことなんじゃないかと思う。









つづく・・・








■12/16(水) 「ヨシダダイキチ x 指原一登」

151216_楽道庵flyer_s

【出演】ヨシダダイキチ(シタール)、指原一登(タブラ)
【場所】神田 楽道庵
東京都千代田区神田司町2-16
【時間】開場19:00/開演19:30
【料金】予約¥2500/当日¥2800
【予約】heatbeatmusic.mail@gmail.com 090-4201-6885
【詳細】https://www.facebook.com/events/1077588505593670/


| インド音楽 | 06:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。