タブラ奏者 指原一登 オフィシャルサイト

新着情報・ライブ情報・ブログは、新オフィシャルサイト kazutosashihara.com へ移行しました。HEAT bEAT MUSIC 主宰。公演企画・タブラ教室の運営を行っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タブラの視点で

タブラの視点で見た

シアタートラム稽古場

世田谷パブリックシアターの稽古場。


先日、土曜劇場プレイパークの一環として行われた、カタック・前田あつこさんのワークショップにタブラの伴奏で参加しました。

会場となったのは、劇場内にいくつかある稽古場の中でも一番大きい部屋。

天井のすごく高い部屋で音響も設置してあって、劇団の稽古の合間をぬって使用されたということで、大道具的なものが若干壁に設置してあったり、隣に大道具の制作部屋があったり、へ~なるほど~って感じでした。


ワークショップへの参加者は定員いっぱい、たくさん参加されてました。
この日は、はじめに軽いウォームアップから入って、基本のあいさつの動き、ボルとその動き、などなど。
ウォームアップは隅っこでちょっと真似してやってみたけど、ステップを使ったものなどは、体内の細胞が心地よく揺れる感じで気持ちよかった。
ん~ヨガ的な(?)効果を認識。

カタックって(に限らず舞踊は)体の軸とか、バランスとかすごい大事だと思うんですけど、
もちろん楽器演奏や歌唱においてもすごく大事なところであって、
体のゆがみとか、そういうことが最近殊に気になる僕としては、
なんかいろいろと再認識をしたのでした。


関連記事

| ライブレポート | 00:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazootbeat.blog47.fc2.com/tb.php/79-ad438bfa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。