タブラ奏者 指原一登 オフィシャルサイト

新着情報・ライブ情報・ブログは、新オフィシャルサイト kazutosashihara.com へ移行しました。HEAT bEAT MUSIC 主宰。公演企画・タブラ教室の運営を行っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「シィナバシィナ(胸と胸を合わせる)」④言われたことの意味がようやく分かった

IMG_0256 のコピー
クトゥブ・ミナール(デリーにて)



モーシンのインタビューで触れられた「シィナバシィナ(胸と胸を合わせる)」という言葉をキーワードに書いています。






**

昨年デリーで、台湾のシタール奏者・金光良平(YO)くんに、彼の師匠であるウスタッド・シュジャート・カーンのレッスンに、同行して見学させてもらったことがある。

実は、その時にシュジャート師匠に言われたことの意味が、ずっと分からなかったのだけれど、この「シィナバシィナ」という言葉ではっきりと分かるに至った。





ウスタッド・シュジャート・カーン(ウスタッドは敬称)は、インドでも超有名なシタールの巨匠で、世界中を飛び回っている超多忙な人でもある。体格も大きく、風格も迫力も半端ない。

レッスンでは、そういう人が、本当に手加減なしに真剣に教えてくれていることに衝撃を受けた。威圧しているわけではなくても、その迫力に圧倒されて見学しているだけでも脂汗が出てきてしまう程だ。

もちろん誰を相手にでもそんなレッスンをつけてくれるわけではないのは確かで、YOくんはその年の初めに「観光気分ならもう俺のところには来るな」とも言われたそうだ。

自分はそんな言葉は今まで言われたことがない。。





レッスンの終わりに、シュジャート師匠から直接質問された。

「君は、前回師匠に習ったことを、どれだけ出来るようになったと思ってまた習いに来るのか?」

「正直、十分出来るようになったと思って来たことは一度もありません」

と答えた。

師匠は、呆れ顔で言った。

「本当に悲しいことだ。海外から、こうやって沢山の人間が、沢山のお金と、沢山の時間と、沢山のエネルギーを使って習いにやってくる。だけど多くの場合、表面的なことを教わってるだけだ。ノートにいくつかのフレーズを書いて教えた教わったという。だけどそんなことは本当に無意味なこと。Absolutely nothing だ。」

そしてレッスンの伴奏をしていた、アメリカから来ているマイルスというタブラ奏者に、

「おまえは俺の言っている意味が分かるか?」

と聞き、彼は

「分かる」と答えた。






**

シィナバシィナ(胸と胸を合わせる)」を抜きにしたものは、「インド音楽」としては成立しないし、もっと広く言えば伝統・伝承という行為が成立しない。

「社会」の中で、生き残り伝わってきたもの。

弟子にとっては、師匠が一番身近な「社会」になる。

だから師匠の許しを得なければ「社会」に出ていけない。

師が教えてくれることは、単にフレーズや技術や理論などといったではなく、社会の中でどうやって「生きていく」かを体現し、その智慧を教えてくれている。

だから、シンプルなフレーズひとつにもその智慧が詰まっている。

ただ、それは「シィナバシィナ」の関係でなければ受け取れない。





自分がそんな姿勢で今までしっかり学んできただろうか?

現に、シュジャート師匠の言った意味が分からなかったのが、その答えだろう。

インド人だから、外国人だから、そんな意識がなかったか?と問われれば、それはあった。

だけど、どこで生まれ育ったということは変えようがない事実としては存在しても、「胸と胸を合わせて」学ぶことには何の関係もない。


ようやく分かった。






**

シィナバシィナ(胸と胸を合わせる)」という言葉に出会ったのは、全てを見直す大きなチャンス。

全てを明らかにし、そして変わっていくことを示していく。

モーシン来日公演は、それを示し証明していく大きなチャンス。



見ていてください!








[ モーシンアリカーン来日公演2016 ]

■オフィシャルサイト
http://mohsinalikhan-japantour.jimdo.com

■FBページ
https://www.facebook.com/mohsinalikhan.japan.2015/

■4/2(土) マスミ公演 ワークショプ&ライブ
https://www.facebook.com/events/213473402331018/
【日時】2016年4月2日(土)
【会場】マスミ スペースMURO
    http://www.masumi-j.com/
    東京都豊島区巣鴨4丁目5-2

ワークショップ
開場 13:00 / 開始 13:30
【出演】講師:モーシンアリカーン
ナビゲーター:指原一登

-----

◎ライブ
開場 15:30 / 開演 16:00
【出演】モーシンアリカーン (ヴォーカル)
    ヨシダダイキチ (シタール)
    指原一登 (タブラ)
【料金】
ワークショップ》 2,000円
《ライブ》 予約:3,000円 / 当日:3,500円
ワークショップとライブの通し券(要予約)4,500円
関連記事

| インド音楽 | 17:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazootbeat.blog47.fc2.com/tb.php/517-e346f1c4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。