タブラ奏者 指原一登 オフィシャルサイト

新着情報・ライブ情報・ブログは、新オフィシャルサイト kazutosashihara.com へ移行しました。HEAT bEAT MUSIC 主宰。公演企画・タブラ教室の運営を行っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「シィナバシィナ(胸と胸を合わせる)」②矛盾と葛藤

Art Talk のコピー


モーシンのインタビューで触れられた「シィナバシィナ(胸と胸を合わせる)」という言葉をキーワードに書いていきます。
https://youtu.be/45v3AYixk7M




**
インド音楽を学び、演奏する上で、「シィナバシィナ(胸と胸を合わせる)」「面と向かう」ということは、重要であり欠かせないことだ。

ただ、この重要性を理解するほど、自分の中での矛盾と葛藤が大きくなっている。

それは、どれだけこの「面と向かう」ということが出来ているか?ということについて、実はコルカタに通い始めてから、ずっと自分自身に対して懐疑的な思いがあるからだ。



**

これは、僕のインドの師匠が、タブラと音楽について語っている番組の動画。

僕はこの親子に習っているのだ。

Art Talk


色々貴重で興味深い内容が語られているけれど、大きく次のようなことに触れている。

・Clarity(明確さ)の重要性(2”44)
・Melodicであることの重要性(6”20)
・流派を超えて人や環境から学んでいくことの重要性(8”20)
・伝え繋げていくことの責任(13”25)

※興味のある人は、ぜひ実際に動画を見てみてください。すごい演奏も聴けます。






**
オニンド師匠(ベンガル語発音)は、何しろタブラのスーパースターだ。

スターに会いに行くだけの観光なら構わないけど、弟子であると名乗るにはかなりの覚悟がいる。「面と向かう」という時間が圧倒的に足りないという現実との矛盾も越えていく必要があるからだ。



動画の中でも、繰り返し「Clarity」と言っているように、師匠の前に面と向かって自分をさらせば、厳しい顔で不愉快そうに「Clarityがない」「Weightがない」「出来ていない」と言われる。

もちろん自分が出来るようになるしかない。

縮み上がる思いもするし、出来なさすぎて、情けないやら泣きたいやら死にたいやらという気にもなる。好き好んでそんな気持ちになりに行くわけではもちろんないけど、やはり「面と向かう」以外にないから行く。少なくとも、その空気の中に身を置かなければ学べないと認識するからだ。才能のある生徒には子供であっても本当に厳しい。



師匠の息子であるアヌブラータ先生には、より個人的なレッスンをつけてもらっている。ムンバイでは、寝食を共にして、現場へ行ったり、より実践的な練習を一緒にしてもらったりと、確かに習い始めより良い関係が築けてきている。

だけど、この環境に身を置ける時間も短すぎる。



本来ならば、年中そういう空気の中にいなければならない。例えば、熱帯魚が熱帯魚であるためには、熱帯の海や川の水が必要なように。


外国人が年に一回習いに行ったところで何の意味があるのだろうか?

日本に帰れば、熱帯魚にとっての熱帯の海や川もないのに?




**
シィナバシィナ(胸と胸を合わせる)」というキーワードを得たことで、抱えていた矛盾や葛藤の正体もはっきりする。

田舎町での学び方と、都会での通いレッスンでの学び方、最初はそういう違いもあるかと思っていたところもあるけれど、実際には、本当の意味での「胸と胸を合わせる」ことなど出来ていないだけなのだ。

つまり、未だしっかりと学びの環境を作れていない、ということだ。



そこから、どうやって「環境」を創っていくか。

「ゼロからスタートする」ということは、この状況ともしっかり面と向かっていくということだ。



師匠の言葉を具体的に引用して、もう少し書いていきたい。






**

[ モーシンアリカーン来日公演2016 ]

■オフィシャルサイト
http://mohsinalikhan-japantour.jimdo.com

■FBページ
https://www.facebook.com/mohsinalikhan.japan.2015/


■4/2(土) マスミ公演 ワークショプ&ライブ
160402_mohsin_blog.jpeg

https://www.facebook.com/events/213473402331018/

【日時】2016年4月2日(土)
【会場】マスミ スペースMURO
    http://www.masumi-j.com/
    東京都豊島区巣鴨4丁目5-2

◎ワークショップ
開場 13:00 / 開始 13:30
【出演】講師:モーシンアリカーン
ナビゲーター:指原一登

-----

◎ライブ
開場 15:30 / 開演 16:00
【出演】モーシンアリカーン (ヴォーカル)
    ヨシダダイキチ (シタール)
    指原一登 (タブラ)
【料金】
《ワークショップ》 2,000円
《ライブ》 予約:3,000円 / 当日:3,500円
*ワークショップとライブの通し券(要予約)4,500円

関連記事

| インド音楽 | 21:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazootbeat.blog47.fc2.com/tb.php/515-17e19958

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。