タブラ奏者 指原一登 オフィシャルサイト

新着情報・ライブ情報・ブログは、新オフィシャルサイト kazutosashihara.com へ移行しました。HEAT bEAT MUSIC 主宰。公演企画・タブラ教室の運営を行っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「シィナバシィナ(胸と胸を合わせる)」とは?① 腑に落ちる感覚

モーシンインタビューjpg のコピー


モーシンのインタビューからは、学べること思うことが沢山ある。

インド音楽について、伝統・伝承について、それとどう関わっていくのか、創っていきたい未来について、自分自身のタブラとの出会いについても。




**
モーシンアリカーンインタビュー
「学ぶための心構えがあります」



シィナバシィナ(胸と胸を合わせる)」とは、音楽を学ぶにあたって師と向かい合って座るということ。(動画の3’15〜)

「デーカ・シーカ・パリーカ(見る・面と向かう・練習し演奏し工夫する)」という諺を取り上げ、「シーカ(師匠と面と向かう)」が音楽を学ぶ上では一番重要なこと、それがなくては音楽を学んでいることにはなりません。







**
タブラと出会って、僕の人生は変わった。

この出会いの感覚については、今まで、上手く説明できない部分があった。

自分の中で「見つけた」とも「見出された」ともつかない感覚があったのだけれど、それが何なのか上手く表現できなかった。

だから、人には「ハマっちゃったんですね」なんて一言で片付けられたりしてしまったりもしたけど、それは正直馴染まなかった。

モーシンのインタビューで「シィナバシィナ(胸と胸を合わせる)」「シーカ(面と向かう)」という言葉を聞いて、腑に落ちる感覚がある。



*
最初にインドに行ったときは、まだ今のようなインターネット社会ではなかったから、現地の音楽を探しに行く旅、そしてタブラという楽器を手に入れるための旅。

Beatlesでもタブラが使われていたくらいの知識しかなくて、どんな楽器でどうやって叩くなんて全然知らず、インドのパーカッションを手に入れたいという漠然としたものだけ。

バックパック背負って「人生探し」なんて言葉が一時期流行ったけど、それもしっくりこないなと思っていて、今思えばそれは「価値観」を探しに行っていたのだろうと思う。

たまたま僕が育ったのが、バブル崩壊と、その後のいわゆる「失われた20年」と言われる時代。

戦後信じられていた価値観がバブルとともに崩壊して、世の中が地に足つかずで迷走しているようだった。オウム事件やら毒入り事件やらが頻発していて今思ってもあまり明るい時代ではない。

その中にあって、音楽に救いを見出していたし、その時出会ったのがこの「面と向かう」ことの価値だったのだろうと思う。




*
「胸と胸を合わせる」「向き合って座る」

最初のタブラの先生は、ラジャスタンの小さな街のローカルミュージシャンだったから、全然有名でもないし、今僕が目指しているところの古典音楽も演奏できない。だけど、古典の基礎的な素養はあった。ラジャスターニーな(砂漠の地方をイメージしてもらうと分かりやすいと思う)パーカッシブで熱いタブラが抜群に上手い人でもある。

楽器を手に入れたいくらいにしか思っていなかった僕が、本当の意味でタブラと出会えたのは、最初に出会った先生のおかげだとずっと思ってる。

後々、コルカタやムンバイなんていう大都会に行くと、環境も音楽を取り巻く状況も違いすぎて、「それは誰?」「上手いの?」なんて聞かれても、同じ定規で計れないだけに困ったりしたりもした。

今ははっきりと、この一番重要な「胸と胸を合わせる」「向き合って座る」を教えてくれた人だから、恩人だと感じているんだと納得している。

色々あってもタブラを続けて来ているのは、それがあるのではないかと思う。

それは、入り口は入り口として良かったと思う。




*
ここからは、これからの学びと取り組みの環境を、再構築して創り出していくことが重要なときだ。








モーシンアリカーン来日公演2016 -マスミ スペースMURO-』

【日時】2016年4月2日(土)
【会場】マスミ スペースMURO
    http://www.masumi-j.com/
    東京都豊島区巣鴨4丁目5-2

◎ワークショップ
開場 13:00 / 開始 13:30
【出演】講師:モーシンアリカーン
ナビゲーター:指原一登

-----

◎ライブ
開場 15:30 / 開演 16:00
【出演】モーシン・アリカーン (ヴォーカル)
    ヨシダダイキチ (シタール)
    指原一登 (タブラ)
【料金】
《ワークショップ》 2,000円
《ライブ》 予約:3,000円 / 当日:3,500円
*ワークショップとライブの通し券(要予約)4,500円

【詳細】https://www.facebook.com/events/213473402331018/




[ モーシン・アリカーン来日公演2016 ]

■オフィシャルサイト
http://mohsinalikhan-japantour.jimdo.com

■FBページ
https://www.facebook.com/mohsinalikhan.japan.2015/
関連記事

| インド音楽 | 18:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazootbeat.blog47.fc2.com/tb.php/514-1e822c5d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。