タブラ奏者 指原一登 オフィシャルサイト

新着情報・ライブ情報・ブログは、新オフィシャルサイト kazutosashihara.com へ移行しました。HEAT bEAT MUSIC 主宰。公演企画・タブラ教室の運営を行っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

HEAT bEAT にまつわる誤解と、タブラの「DHIN」という音がぴったりなところ

今年は、しっかり企画して、しっかりと準備した演奏をやって行きたい。

書いてみれば当たり前過ぎることではあるけど、今まで出来ていなかったということもあるし、それを着実に積み上げることを通した段階的な目標もあるから。

今は、モーシン来日公演の準備でずっと動いているけれど、「来日公演実行委員会」としての招聘活動の中でも、特に4/2のマスミ公演は、企画と運営を完全に任せてもらっている一本。
https://www.facebook.com/events/213473402331018/



この公演には、今後の段階的な目標を見据えていく上で、ものすごく重要な位置づけをしているので、その辺を、またいろいろと書いていこうと思います。

http://kazootbeat.blog47.fc2.com/blog-entry-511.html






150603HBMlogo_fix.jpg

と、その前に、


HEAT bEAT MUSIC(ヒートビートミュージック)」というのは、企画をする際に使っている名前であり屋号です。

意外と読み方の誤解が多いので、ちょっと説明します。

よく「ハートビート(←間違い)」なんていう読まれ方をしてしまって、そう思われてたと思うと、個人的にはそのダサさに身悶えるほどのダメージを受けます。。

なんならルビでも振ろうかと思ったりもします。



HEAT bEAT(ヒートビート)は、音感としても視覚的にも意味的にもすごく感覚的な言葉。

まず韻を踏んでて語感がいい。

EAT、EATって「食べる」というのも入っていてこれも重要なところ。

音楽と食は近いっていう、これも感覚的にすっと入って来やすいと思ってる部分です。

もちろんどちらも熱々でなくっちゃというのが一番の共通項。

暑苦しさが込み上げてくるようなものでも、頭皮の毛穴がピリピリ痺れてくるくらいのものでもあったらいいなという想いがあるのです。


実は、このHEAT bEAT というのは、タブラと出会う以前から使っていたコンセプトなので、インドとは直接関係はないけど、HEAT bEAT と言う時の「bEAT」には、タブラの「dHIN」という音がぴったりだなと思ってます。







160402_mohsin_blog.jpeg

【日時】2016年4月2日(土)
【会場】マスミ スペースMURO
    http://www.masumi-j.com/
    東京都豊島区巣鴨4丁目5-2

◎ワークショップ
開場 13:00 / 開始 13:30
【出演】講師:モーシンアリカーン
ナビゲーター:指原一登

-----

◎ライブ
開場 15:30 / 開演 16:00
【出演】モーシンアリカーン (ヴォーカル)
    ヨシダダイキチ (シタール)
    指原一登 (タブラ)
【料金】
《ワークショップ》 2,000円
《ライブ》 予約:3,000円 / 当日:3,500円
*ワークショップとライブの通し券(要予約)4,500円

【詳細】https://www.facebook.com/events/213473402331018/





オフィシャルウェブサイト
http://mohsinalikhan-japantour.jimdo.com


関連記事

| ライブ予定 | 06:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazootbeat.blog47.fc2.com/tb.php/513-05c423ba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。