タブラ奏者 指原一登 オフィシャルサイト

新着情報・ライブ情報・ブログは、新オフィシャルサイト kazutosashihara.com へ移行しました。HEAT bEAT MUSIC 主宰。公演企画・タブラ教室の運営を行っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「リズム・グルーヴを自分で歌わない」今ずっと練習しているところ

山北個人塾


リズムグルーヴを自分で歌わない」

これが、今個人的に課題にしているところで一番難しい部分。

「言葉と音を分離させる」

これが、今ずっと練習しているところ。




**
冒頭の「リズムを歌わない」というのは、山北健一さんが「山北塾」の中でも言っていたこと。

基本的に、タブラは言葉として習得していく楽器であるし、リズムを歌わせていくには歌心がすごく大事。

それはそれで、最終的にものすごく正しい。自分でもそのつもりで練習してきたのだけれど、現時点では、タブラ言葉である「ボル」と言うものに必要以上に引っ張られてしまって、それが次のステップに進む障壁になっている。

どういうことなのか?というと、言葉にそれぞれの発音、音色に豊かな違いがあるのと同じように、タブラという楽器も良くその特徴を表現出来る長所がある。実際タブラの音を聴けば、言葉に聞こえてくる。

反面、豊かな余韻や表情、長さの違う音を、言葉としてでなく、記号のように粒を揃えていくのはなかなかに難しい。

ただ、グルーヴを作り上げていく上では、本当に綺麗に音を揃えていくというのが究極的に大事。

そして自分でも気づかないほど大きく言葉に影響されている部分が、そこを超えられない原因だったということに気づいた、ということなのだ。




**
これは、山北健一さんと「山北塾」を含め活動してきた中で気づかされたものでもあって、一からやり直さなければこの先には進めないという認識が今自分のいる地点。

そして、その辺りを徹底的にコーチしてもらうべく、今日は山北さんに個人レッスン「山北個人塾」をお願いしました。

ぶつかり稽古のように、実際に音と音を合わせてもらって、初めて得られる感覚的な情報量は本当に膨大なもの。

今までと比べても、聴けている音も感覚も確かに違ってきてはいるけど、「言葉と音を分離させる」というのは、インストールした言語を入れ替えるようなもので、なかなか大変です。

ただ、レッスンでそのヒントと練習法、具体的道順を示してもらえたことで、また前に進める光が見えてきたと思っています。

山北さん、どうもありがとうございました!




今年の、そしてこれからの目標である「環境創り」

常に道標の見える「環境創り」

これが、なにより大事だなと感じています。




**

次回「山北塾」は3/4(金)!
https://www.facebook.com/events/986245368136841/

「山北個人塾」のお問い合わせは、
yamakita@rf6.so-net.ne.jp まで。

関連記事

| 音楽 | 22:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazootbeat.blog47.fc2.com/tb.php/512-70a136f9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。