タブラ奏者 指原一登 オフィシャルサイト

新着情報・ライブ情報・ブログは、新オフィシャルサイト kazutosashihara.com へ移行しました。HEAT bEAT MUSIC 主宰。公演企画・タブラ教室の運営を行っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

出会う人との関わりで進化していける。

楽道庵_151216P2060724_s
photo:浮花


「ヨシダダイキチ x 指原一登」at 楽道庵、ご来場くださった皆様、本当に有難うございました!





「小さなこと」の積み重ねが、どれだけ重要で「大きなこと」であるか。

「大きなこと」ばかり言い、「小さなこと」が疎かになれば、一瞬でそこは奈落の底。

記事:『大きなこと小さなこと』







ここから先、本当の綱渡りが始まる。

無駄に危ない橋を渡るということではなく。

目標があるから、目指す設定を下げたり、途中で軟着陸したりは出来ないということ。

途中で「綱を太くして!」とか「谷底を浅くして!」とかはありえない。

進むのか落ちるのか。





誰しもそういう時があるのだと思うけど、人生賭けて本番に入るような瞬間。

喜びの時も情けない時も、その濃度が一層増してくる。

「小さな」独りよがりを「大きな」出会いの喜びに変えていく。

出来ない「大きなこと」も、「小さな」出来ることの積み重ねでしか超えられない。






「環境」

これから創ろうとしているのは「環境」だ。

「環境」は一人だけでは創れないし、出会う人関わっていく人全てがその「環境」の要素でもある。

インドともオープンに交流し、学び、価値を高めていける「環境」

その「環境」に詰まっているものは、計り知れなく「大きい」

そのために自分のやるべきことも、計り知れなく「大きい」

「インド音楽」、自分が出会ったのがたまたま「インド音楽」であると言えるけど、その先には、それを超えて人とリンクしていけるものを生み出していけると確信している。




今その「環境」がないということは、逆に出来てる状態からみると、何も出来ていないということ。

何も出来ていないということは、ネガティブなことではなく、単に今までの環境、方法の延長ではダメで、進化していかないといけないということ。



進化しないと進めない。



現状のままでは、当然、落ちかける要素が沢山ある。

けれど、それは出会う人との関わりで進化していける。

一人では人は変われない。

だから、こうして様々な人と出会い、関わってくれる人がいることには、心底感謝が止まりません。



ここから、着実に、進んで行きたいと思います。


関連記事

| インド音楽 | 21:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazootbeat.blog47.fc2.com/tb.php/500-85488954

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。