タブラ奏者 指原一登 オフィシャルサイト

新着情報・ライブ情報・ブログは、新オフィシャルサイト kazutosashihara.com へ移行しました。HEAT bEAT MUSIC 主宰。公演企画・タブラ教室の運営を行っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タブラ奏者として⑤「脱出」

PK-_1900037_s.jpg
photo: 浮花



「落とし穴」とはなにか?

それは別の言い方をすれば、「先入観」や思い込みなのだと思う。

記事:「落とし穴に落ちたら・・」






**

「先入観」には、メリットがあって、人間の脳が日常生活の中で、1日数千種類の選択と決断といった膨大な情報処理を、軽減してくれる働きがあるそうだ。

先入観によって、考えなくても判断したり行動したり出来ることは、人間が生きていくうえで、必要な機能ともなっている。

一方で、時としてこれが逆効果となることがあって、自分の思い込みによって、判断を間違えてしまうということがある。

人間は、「知らない」ものに出会ったときに、その「もの自体」として客観的には認識できず、それを認識するために、事前に予備知識や、把握の枠組みを必要とするそうだ。

その判断をするときに、自分にとって都合の良い情報だけを集めてしまい、意図的にリスクについては見ないようにしてしまう、という危険性もある。





ウンチク・伝説をたくさん知っていることが「インド音楽」を知っていることである

ウンチク・伝説を語ることが「インド音楽」を演奏出来ていることである

スピリチュアルで悠久で高尚なのが「インド音楽」である

聴衆にも知識が必要なのが「インド音楽」である

巨匠のような難解なフレーズや大技を真似ることが「インド音楽」である

教科書の知識から「ラーガとは」「ターラとは」を説明できる


これらは全部「先入観」と思い込みだ。

とにかく「落とし穴」はいくらでもある。




「先入観」と思い込みは「妄想」を生む。

記事:「でも、王様、はだかだよ。」











では、そこから「脱出」するためにはどうしたらいいのか?

これが次の検証段階。




それは、、


「知らない」


ということを、もっと真摯に受け止める、ことなんじゃないかと思う。









つづく・・・








■12/16(水) 「ヨシダダイキチ x 指原一登」

151216_楽道庵flyer_s

【出演】ヨシダダイキチ(シタール)、指原一登(タブラ)
【場所】神田 楽道庵
東京都千代田区神田司町2-16
【時間】開場19:00/開演19:30
【料金】予約¥2500/当日¥2800
【予約】heatbeatmusic.mail@gmail.com 090-4201-6885
【詳細】https://www.facebook.com/events/1077588505593670/


関連記事

| インド音楽 | 06:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazootbeat.blog47.fc2.com/tb.php/497-f451e648

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。