タブラ奏者 指原一登 オフィシャルサイト

新着情報・ライブ情報・ブログは、新オフィシャルサイト kazutosashihara.com へ移行しました。HEAT bEAT MUSIC 主宰。公演企画・タブラ教室の運営を行っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タブラ奏者として①「ゼロからスタートしろ」

150726yudo_2000152_s.jpg
photo:浮花



2015年ももうすぐ終わる。

2016年がもうすぐ始まる。

それは「ターラ」のように、つながり、回り続けている。

いや、「回し」続けなければ、回り続けていかない。

「インド音楽」と同じだ。

エネルギーを増幅させながら「ターラ」を回す。

それには、「強烈に1拍目に返す力」が必要だ。

「強烈に1拍目に返す」

そのために最も重要な、最後のライブがまだ残っている。




**
ちょうど一年前の記事。

「インド音楽で生きていく」
http://kazootbeat.blog47.fc2.com/blog-entry-396.html

兼好法師の言葉を引用しながら、タブラ奏者としての自分自身に課した設定を宣言した。

はっきり言って不可能にも近い、大それた宣言でもある。

だから、ただ夢想しているだけではなく、外に宣言してしまうということは、正直とても怖くて勇気のいることだった。



”上手い人、優秀な人、プロのレベルに達している人と練習やライブを重ねていく

インド人ミュージシャンに混ざり、もまれ、音楽そのものを吸収し、インド音楽が本来持っているダイナミクスと輝きを体に記憶させるためだ。そして自分が身を置くべき環境を作る”




この一年、インドでの武者修行、モーシン・アリ・カーン来日公演、アルナングシュ・チョウドゥリィ来日、と「インド音楽」との接点を、点でなく面にしていく環境づくりに動き出した。

先日の、アルナングシュ・チョウドゥリィ来日では、ワールドクラスのタブラ奏者が、伴奏者として強力に「ターラ」を回していく様をまざまざと見、また大きなヒントももらった。

それだけでなく、パーカッショニストの山北健一さんという一流ミュージシャンとの交流や、台湾ツアーもあった。

そういった取り組みの結果、現時点でたどり着いたのは、



「ゼロからスタートしろ」


ということだった。



つづく・・・





151216_楽道庵flyer_s
design: 浮花


【出演】ヨシダダイキチ(シタール)指原一登(タブラ)
【場所】神田 楽道庵
    東京都千代田区神田司町2-16
【時間】開場19:00/開演19:30
【料金】予約¥2500/当日¥2800
【予約】heatbeatmusic.mail@gmail.com 090-4201-6885
【詳細】https://www.facebook.com/events/1077588505593670/

関連記事

| インド音楽 | 18:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazootbeat.blog47.fc2.com/tb.php/491-9aa12e11

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。