タブラ奏者 指原一登 オフィシャルサイト

新着情報・ライブ情報・ブログは、新オフィシャルサイト kazutosashihara.com へ移行しました。HEAT bEAT MUSIC 主宰。公演企画・タブラ教室の運営を行っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【台湾ツアー】「インド音楽」という山には本当に登れるのか?

151024_taipei_tsukimiru.jpg
Flyer: Fuya


来週から今月末まで台湾へ行ってきます。

昨年に引き続き、再び呼んでいただきました。

YOくんはじめ、関係者の皆様ありがとうございます。





sashihara_solo.jpg
Photo: 浮花


ちょうど昨年8月に台湾に行ってからの一年は、自分自身にとって大きな転換点となる非常に重要な一年だった。

実際には、今もこの先もずっと重要なのは変わらないけれど、これまでタブラに取り組んできた10年を総ざらいして検証するということを徹底してきた。

そしてその結果分かったこと、すべきことも見えてきたというのが今で、ここからがスタート、前に進める準備がようやく出来てきたところだ。



先日の記事で紹介した、山北健一さんの言っていたことは「大死一番」とも書いたけど、「初心に帰る」というふうにも言える。「赤ちゃんになったつもりでやってみたら?」とも言っていた。

記事: 「タブラは今日でおしまい?」



実際に、インド音楽に取り組む上でも同じこと、その通りで、イチからではなく、ゼロから再び始めるということが非常に重要だと感じている。また逆にゼロから始めるということが清々しいとさえ感じる。



こういう時期に、台湾公演という機会をいただいたのは、本当に有難いことだ。

昨年とは全然違う意識、モチベーション、目標を持って臨める。

内容・結果も自ずと変わってくるはずだけど、結果としてではなく、もちろんそこはしっかり狙っていくつもりでいる。






空

ただ、ゼロから再スタートと爽やかに言っても、油断をすれば前に進むどころか、また過去の泥沼にはまってしまうだろう。

それを防ぎ、慎重に歩を進め続けるためには、過激でも常に正論に自分を照らしていくことが必要になってくる。


記事: 「でも、王様、はだかだよ。」



この正論というのは、実際に向き合うのは苦しい。

それに、そもそも正論で言ってしまえば、「インド音楽」はインドにしかない。

元も子もない。。

それは、落語も義太夫も日本でないと本質的に成立しないのと同じだ。

元も子もない。






150726yudo_2000177.jpg
photo: 浮花


それでも、台湾では「インド音楽」を演奏する、していく。

どういうことか?



具体的に言えば、インドにしかない「インド音楽」を、インドで「インド人」と演奏していくためのラインを超えていくということだ。

このラインを1つずつ超えていくということだ。

結局これが、今回の台湾だけでなく、この先一生続けていくこと、ということなのだ。



超えていった先には見える景色も変わってくるだろう、だけど、まだ登山口前でそれを言っても始まらない。

先ずは、「ラーガ」と「ターラ」の連動を生み出す、というラインを超える、これが目標だ。

これが登山口へいたるための最初のラインであり、第一目標だ。



「インド音楽」という山には本当に登れるのかどうか?

まさにそれを、一生かけて実践していってみたい。



「インド音楽」という山には本当に登れるのか?

今回の台湾公演は、本当に重要な位置づけになってくる。





●10/21(水)〜27(火) 台湾ツアー


■10/21(水) 「印度音楽世界-傳統與創新 系統與即興」@實踐大學
【場所】實踐大學
【時間】19:00-21:00

■10/22(木) ”光樂亮音”(印度西塔琴和塔布拉鼓音樂之夜)@国立政治大学藝文中心
【場所】国立政治大学藝文中心
【時間】19:00-20:30

■10/24(土) Sitar& Tabla Workshop 工作坊 By Yoshida Daikiti+指原一登

■10/24(土)「琴炫鼓耀 -インドのシタール&タブラの饗宴-」
【日時】10/24(土) 19:00 open / 19:30 start
【会場】台北月見ル君想フ
    大安區潮州街102號
    ttp://www.moonromantic.tw/
【出演】ヨシダダイキチ (シタール)
    指原一登 (タブラ)
    金光亮平”YO” (シタール)
【料金】500元(1ドリンク込) / ペア割;900元 (2ドリンク込)
    *ペア割りは前日10/23迄に予約要
【予約】台北月見ル君想フ
    Tel : 02 2391 0299
    Web : http://www.moonromantic.tw/souko.html#id126

■10/25(日) 陽明山 石の美術館Garden91
【場所】Garden91 草山玉溪園
【時間】10:00
http://www.cafeglobe.com/2015/04/045659garden91.html

■10/27(火) レクチャーデモストレーション@國立臺灣大學
【場所】國立臺灣大學
【時間】10:00-12:00 
関連記事

| インド音楽 | 23:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazootbeat.blog47.fc2.com/tb.php/476-7affadaa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。