タブラ奏者 指原一登 オフィシャルサイト

新着情報・ライブ情報・ブログは、新オフィシャルサイト kazutosashihara.com へ移行しました。HEAT bEAT MUSIC 主宰。公演企画・タブラ教室の運営を行っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「今ここで生まれる音楽」

「今ここで生まれる音楽」

PK-_1900153c_s.jpg


先日の高円寺でのライブへは、初めてこの音楽を聴く方にも沢山ご来場いただきました。
お越しくださいました皆様どうもありがとうございました。



初めての人にも理屈抜きに通じる、そして、インドでも通じる、この2点は当然目指していく必要がある。


安直に敷居を下げるのではなく、90分間、いかにメリハリの効いた、聴き手の想像力を刺激出来る演奏を提供できるか?その創造性が「今ここで生まれる音楽」を生む。

インドで次世代を担う若手ミュージシャン達と練習・交流し、揉まれながら、彼らの目指すクオリティ、創造力、エネルギーから学び「今ここで生まれる音楽」を吸収する。

これらを追求して、インド音楽本来の華やかでエネルギーに満ちた演奏を届けたい。それを目指さないものは、「今ここで生まれる音楽」であるべき、今を生きるインド古典音楽ではない。


先日の演奏はマイクを使わず生音で行なった。またマイクを使った時とは違う体力がいる。でもそういう演奏力も通じる音楽のために磨いていくべき点だ。



その先日の演奏から一部抜粋。

是非ご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=6d9AN4rpFQI


もっと細密に音楽的にしていかなくてはと反省する部分も沢山ある。毎回ライブの後には、ライブ録音、ライブ映像を何回も確認して、技術だけではなく、音の繋がりや意味、またそれが伝わっているか、などを秒単位でチェックする。

実際これは果てしない作業だけど、時間を作りお金を払って聴いていただくに値する、価値のある音楽を提供したい。






関連記事

| ライブレポート | 22:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazootbeat.blog47.fc2.com/tb.php/411-6a138863

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。