タブラ奏者 指原一登 オフィシャルサイト

新着情報・ライブ情報・ブログは、新オフィシャルサイト kazutosashihara.com へ移行しました。HEAT bEAT MUSIC 主宰。公演企画・タブラ教室の運営を行っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

テンポの話

先日『Chatur Nati』というインド古典舞踊の公演を観てきたけど、素晴らしかった。
やはりこれもインドの伝統を日本人が演じているのだけれど、ずっと考えてる「消費と創造」の視点から見ると完全に創造側だからだ。

chaturnati_s.jpg


だいたいインドについてあまり知らない人からしてみればピンと来ないかもしれないけど、インドといっても1つの国というよりインド文化圏という感じで、言葉もそれぞれなら踊りを始め芸能もそれぞれだ。ヨーロッパ文化圏でいろいろな言語・音楽・芸能があるのをイメージしてもらった方が近いかもしれない。
そんな中で3つの異なる地方の異なる伝統舞踊を一緒に同じ演目で踊るというのは相当画期的なアイディア・チャレンジだと思う。これを実現していたのがその公演。
終演後に話をしていた際に、何が難しかったかというとその「テンポ」だと言っていた。

体の使い方・表現手法が違うというのはもちろんあるけど、それ以前に根本的なテンポがそれぞれの踊りで違うのだ。




少し前に行った能の舞台。
テンポという切り口で見ていくと、序破急という構成の始めの序の部分は現代人の感覚からするとやはり遅い。物語の始めの部分で多くの人が寝てしまっている光景からも見てとれた。

能舞台_s




ここで、ものすごくざっくりだけど、一般にバラードとして聴いている音楽がbpmでいうと80とかのテンポ、でポップスだと人間の中心テンポと言われているbpm100あたりを中心として作られていることが多くて、120くらいになるとノリのいい感じになる。
そもそもテンポというのは原始的感覚と関係が深くて、その生理的な影響・効果には普遍的なものがあるといわれている。だから商業音楽ではそれを当然利用(少なくとも作り手は意識)している。
ヒーリング音楽ならもっと落とすし、もっとアッパーにしたければ上げる。


で、例えば100を半分の50、倍の200にしても刻みが変わるけどその生理的な効果の部分では共通していて変わらない。
40=80=160、60=120=240。



先ほどの例の能では、序破急の急の部分は130~140まで上がってたんで、だいぶ緊張感のあるテンポになっていた。





先日来日していたスティーブさん。
ガットと言われるタブラとの合奏部分の入りのテンポは、彼の場合だいたい50〜60の間。
特にU-zhaanと演るときは60くらいで割とノリ良く入ることが多い。2時間という長丁場のコンサートの時もいたずらにテンポを落として間延びさせるのではなく入りは50だった。
ここは音楽の型としてしっかり守られている部分。



聴衆を掴む音楽の要素はもちろん色々あるけれど、音楽的素養や知識があろうとなかろうと生理的に伝わってしまう要素、そう言う意味では「テンポ」という要素はあまりにも大きい。
それは子供や赤ん坊にはよりダイレクトに伝わるし、老人介護施設などでの音楽レクチャーでも取り入れられていることだ。

人を眠りに誘うことも出来るし、覚醒させることもできる。心を躍らせたりゆったりも。


即興というのは何でもありと取られることも、またそういう音楽もあるけれど、インド音楽の場合は即興は多くの制約つまり厳格な型のなかで繰り広げられる。
だから難しいけど面白い。

色々な要素を「形式知」に落とし込んで行くことで、またその先にあるものを目指せたらと思う。




今週、10/29(水)は音や金時で敬愛するAkiさんとのライブ。
ぜひいらしてください!
https://www.facebook.com/events/1542381872662892/





関連記事

| 音楽 | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazootbeat.blog47.fc2.com/tb.php/383-c15f3c76

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。