タブラ奏者 指原一登 オフィシャルサイト

新着情報・ライブ情報・ブログは、新オフィシャルサイト kazutosashihara.com へ移行しました。HEAT bEAT MUSIC 主宰。公演企画・タブラ教室の運営を行っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「夢」という言葉が嫌いだ。

「夢」という言葉が嫌いだ。

夢という言葉の意味はふたつ。
睡眠時に見る現象と将来の希望。

嫌いなのは後者の意。
あまりにも使い古されていて、とても安っぽくて中身の劣化した空虚な言葉だなってなんとなく子供の頃から思ってた。悪いことにこの言葉は歌の中に一番よく出てくる言葉だった。

だからそんな単語を使わずに自分で歌詞を書いたりもしてたけど、今はまた別のところで格闘している。

ちなみにこの夢の語源を調べると、「寝目(いめ)」という言葉が古くから和語としてあったらしい。寝ているときに見るもの。
将来の願望という意味では、近代以降に使われ始めたらしく英語の"Dream"から来たという説がある。
うむ、なるほど。。



ところでとても良い動画を見つけた。

https://www.youtube.com/watch?v=gBumdOWWMhY#t=1225


この社長の話の「どーせむり」
今までの自分自身もこれに囲まれて育ってきてるけど、今は「インド古典じゃむり」これを変えていきたいと思ってる。


ちなみに冒頭の「夢」という言葉の裏に見え隠れしてるもの。
それがこの「どーせむり」というニュアンスだったんだと今気づかされた。。



それと実はもうひとつ嫌い、というか強烈に違和感を感じる言葉がある。

「インド古典音楽」

たぶんこれはまた長くなりそうなんでまた次回。


関連記事

| 音楽 | 02:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazootbeat.blog47.fc2.com/tb.php/374-0d576d1d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。