タブラ奏者 指原一登 オフィシャルサイト

新着情報・ライブ情報・ブログは、新オフィシャルサイト kazutosashihara.com へ移行しました。HEAT bEAT MUSIC 主宰。公演企画・タブラ教室の運営を行っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

生涯やり続けたいこと

タブラを始めていつの間にか10年余り。
練習をしてると、昨日より今日、今日より明日のほうが上手くなれるという絶対的事実があるからそれだけで続けてこれたようなところはあるけど、今までの10年とこの先の10年を思うと圧倒的に危機感のほうが強くて色々やり方を変えなきゃいけないとずっと思ってる。

もう僕はインド古典音楽が好きなので、これを生涯やり続けたいと思っている。
だけど、そのためにはやり続けられるだけの環境を作っていかないとと思っていて、現状はどんなに腕があってもそれだけでは食っていける土壌は日本にない。

もっとインド音楽そのものの魅力が認知されること。
もうひとつは、インド音楽というもののステータスがこの国でも確立されなくてはと思う。
ステータスというとなんだか偉ぶってる風に聞こえるかもしれないけど、誤解を恐れず言えばこれはB級グルメ的音楽でも路上音楽でもなくてやっぱり相応のステージと品質が必要な音楽だと思うから。

技量に関しては大前提、だけど演奏される場所や環境に関してもしかり。飲み屋のBGMでもカレー屋のBGMでもないし、やっぱり音楽を真剣に聴ける場所でしかやりたくないと思ってて、今年はそういう意識で会場も選んでやっていくようにしている。

何れにしてもこの環境作りは一人では出来ないんで、それに関わる人間といかに協力して取り組めるかだし、そうでなきゃ全滅だとさえ思います。



8/23(土)は、初めてヨシダダイキチさんと演奏します。

インド古典を普段あまり演奏しないヨシダさん。当初は企画として面白いなと思い依頼させていただいたんですが、いろいろお話をしていく中で、実はもう前述のようなことは20年も真剣に考えていらっしゃった・・・ということが分かり、僕自身も正直新鮮な驚きの中にいます。ずっと顔見知りではありましたが、インド音楽の未来についてヴィジョンを持って取り組める人に今更ながら出会った。。

とてもいいライブになると思います。

イベントページのリンクはこちら ↓
https://www.facebook.com/events/804305312954703/


140823_音金_表_s




インド古典音楽というものに取り組めば取り組む程この音楽の魅力に魅せられていて、もう気づけば今年はインド古典音楽のライブしかしていない。基本的には好きなことをやる以外に人生幸せになれる道はないと思っているけれど、よっぽどパトロンでもいない限りただやり続けることは出来なくて、やれる仕組みづくりをどうにかして作っていきたい。


関連記事

| インド音楽 | 01:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazootbeat.blog47.fc2.com/tb.php/371-d032a4ae

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。