タブラ奏者 指原一登 オフィシャルサイト

新着情報・ライブ情報・ブログは、新オフィシャルサイト kazutosashihara.com へ移行しました。HEAT bEAT MUSIC 主宰。公演企画・タブラ教室の運営を行っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

歌舞伎はじめてものがたり

先日、初めて歌舞伎を観劇してきましたよ。

本物を生で観るのはほんと初めて。


kabuki.jpg


機会をいただいて観に行ったものだったけど、これが想像以上に面白かった〜


まず舞台のあの幕がいいです(笑)歌舞伎ストライプのやつ(笑)





席が花道の近くだったのもあって迫力満点。
ダンダンダン!と威勢良く音を鳴らしていく歩き方、あれはそのための板も敷かれてあったんですね。



義太夫節のあの間や呼吸の取り方には惹き込まれます。
三味線方の表現、あれはタブラに取り入れられないかしら?とか



『熊谷陣屋』という演目では、源平の世を描いた作品にもかかわらず登場人物が江戸時代の格好??
これには可笑しさ半分の違和感を感じると同時に「ああ、なるほど歌舞伎は江戸時代の現代劇だったんだな〜」と納得。




そして、見栄を切る場面や見せ場で観客から飛ぶ声。

インド音楽でいうところの「キャバテ!」のように聞こえて来てなんだか親近感(考えてみればそれもだいぶおかしな話だけど...)を覚えたんだけど、、

あとであれは何と言っているのか聞いたら役者の屋号で呼んでるのだとか。


馴染みのないことなんでウィキってみたら屋号ってすごいたくさんあるのね。。
http://ja.wikipedia.org/wiki/歌舞伎役者の屋号一覧


こ、これは、、、覚えられないよ。。。






義太夫節やら囃子方の音楽やら聴いてて、
日本の音楽教育で、こんな豊かな邦楽にまったく触れてないっていうのは全くあり得ないと思った。

昔は授業としての音楽は、リコーダーと合唱が苦手で嫌いだったな〜(苦笑)





いやはやしかし観るもの全て新鮮で興味津々でしたよ。

日本の伝統芸能おもしろい!

これはいろいろ触れなきゃもったいない!


関連記事

| 日記 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazootbeat.blog47.fc2.com/tb.php/271-95445bf2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。