タブラ奏者 指原一登 オフィシャルサイト

新着情報・ライブ情報・ブログは、新オフィシャルサイト kazutosashihara.com へ移行しました。HEAT bEAT MUSIC 主宰。公演企画・タブラ教室の運営を行っています。

2016年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本日4/22(金)は、大塚で『インド音楽ミニシアター』!

本日4/22(金)は、『インド音楽ミニシアター』!

160422_lecture_fb のコピー_b


「特徴的なメロディを見つけながら」や「リズムを取りながら」、良い音響でインド音楽を聴いていきます。



*

内容は、

映像と、手拍子などの簡単なワークも取り入れた解説の後に、
もう一歩踏み込んで「音を聴く」ということを丁寧に実践していきたいと思います。

これは、頭でっかちになりがちなレクチャーという形ではなく、
最小限の知識で「聴いてみる」ことで、より音楽を体験として感じられる機会になったらいいなと思うからです。


「特徴的なメロディを見つけながら」「リズムを取りながら」
その手がかりを掴めたら、後は、出来るだけ音楽そのものを感じてみたいと思います。

特に、聴覚には、記憶や他の感覚と強い繋がりがあるので、
同じものを聴いても、それぞれに感じ方が違ってくる部分があります。

インド音楽とは、このラーガとは、こう感じなければいけない、
などということは強要出来るものないと思うので、そこは聴く皆様の自由な感覚に委ねたいと思います。

もちろん、質問疑問などありましたら、大歓迎です!
どんどん持ち寄ってください!




会場はJR大塚駅から徒歩5分の「音楽堂 anoano」です!
http://anoano.net/music/concert/detail/?id=36



日時:2016年4月22日(金)
   Open 19:00 / Start 19:30
司会:指原一登
講師:ヨシダダイキチ(シタール奏者)
場所:音楽堂 ano ano
東京都豊島区南大塚1-49-2 1F
料金:2000円(ドリンク・菓子付)
企画:HEAT bEAT MUSIC
予約・問合:mail@kazutosashihara.com


*



midtower.jpg

肝心の音響には、「原音の忠実再生」が信条のタイムドメインスピーカー・mid Tower(写真) を使用します。

アンプは、CDやDAT、DSP、DSDなどデジタル技術で長年の経験と実績を積んでいる技術開発メーカーである、McAUDI製のM602。

機材について詳しくは、
http://www.kunitachi.co.jp/t-loop/act1_sp11.html


タイムドメインスピーカーの視聴に興味のある方も、是非お越しください!


| ライブ予定 | 12:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モーシン・アリ・カーン来日公演2016終了!大きな財産とこれからの方向性

160402_2090172 のコピー
photo:浮花


これからの方向性を明確にするために重要な位置付けをしていた、モーシンアリカーン来日公演も終了し、全てはまた次の目標に向かって動き出しています。

来日公演にお越しいただいた皆様、また協力していただいたりお世話になった皆様、改めてありがとうございました。

今回嬉しかったことのひとつは、マスミ公演の企画・公演運営を、チームとして実現出来たこと。お客様にもチームワークが空気として伝わったということです。

ひとえに関わってくれたスタッフや協力してくれた方々のおかげです。




*
今回は、本当に本気で取り組んだ分だけ、色々なことがハッキリ見えるようになりました。

不十分だったところ、失敗したこと、やってみれば出来たというところ、人に協力してもらえるところ、してもらえないところ、やるべき仕事、やるべきでない仕事...

それは、モーシンとのやり取りについても言えます。

お互いに、より多くのことがハッキリ見えてきたのではないでしょうか。



日本でインド音楽を扱う上で、本家のインド人とどう接していくのかという点では、センシティブで難しいところもあります。

ただ、今回の経験からは、伝統というものの取り扱いとプロジェクトとしての取り扱い、これをしっかりと認識し分けて目的を共有し協働する、これが重要なことだと学ぶことが出来ました。

認識や取り扱いを分けることで、対等にまたはリードしてプロジェクトを進めながらも、伝統に対する謙虚な姿勢を保つことが出来るのではないかと思います。

インドの伝統というものを尊重し、そのものを見ようとするならば、到底対等などには成り得ないし、身の程をわきまえる姿勢、常に学ぶ姿勢が必要です。

それでも、インド人と対等にインド音楽を演奏する、これは目標なのです。

プロジェクトを通してももちろん学んでいく。

その他あらゆるものからも、徹底的に学び吸収していく、その姿勢がなければとても追いつきません。

今回得られたものすべては、今後のプロジェクトを進めていく上での大きな財産です。




*
どんな価値を生み出していけるのか。

それは一人でどうにか出来る類のことではありません。

ただ、賽を投げるのは常に自分です。

そのたびに方向性はさらに明確になっていきます。

スタートはすでに切られました。

もちろん勝負はこれからです。








●4/22(金) どこが面白い?解説「インド音楽」ミニシアター

160422_lecture_fb のコピー_b


インド音楽」の楽しみ方をもっと知りたい!


そんな方は
実は結構いらっしゃると思います。



そこで
動画を観ながら、どこが面白いのかが聞ける
解説付き鑑賞会(ミニシアター)を開催することにしました。

インド音楽とは」
なんてことは、とても語れる類のものではありません。

でも、楽しさや面白さは
みんなでもっとシェア出来たらいいなと思います。

今回は講師として
シタール奏者のヨシダダイキチさんを迎えてお届けします。


【出演】指原一登、[講師]ヨシダダイキチ
【場所】音楽堂 ano ano
〒170-0005
東京都豊島区南大塚1-49-2ハイム・デルムンド 1F
【時間】開場19:00/スタート19:30〜21:00
【料金】¥2,000 ドリンク付
【予約】mail@kazutosashihara.com
【Facebook】https://www.facebook.com/events/449619621903777/
※Facebookからもご予約いただけます。

| インド音楽 | 00:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。