タブラ奏者 指原一登 オフィシャルサイト

新着情報・ライブ情報・ブログは、新オフィシャルサイト kazutosashihara.com へ移行しました。HEAT bEAT MUSIC 主宰。公演企画・タブラ教室の運営を行っています。

2016年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ワークショップでは、モーシンの解説を交えながら面白さを体験していきたいと思います。

シタールモーシン のコピー


モーシン来日日程も終盤に入ってきました。

今回のテーマに「インド人とプロジェクトパートナーとしての関係を築く」ということがあります。


ただインド人を呼んで来て漠然とインド音楽をやります、では誰にも伝わらない。
例えばグラミー賞受賞などの実績があれば別ですが、一般的にはインド音楽なんてほとんど知られていないし、モーシンも伝統の世界ではまだまだ若手、実績も知名度もこれからです。


こちらは、インドの伝統世界から見れば蚊帳の外。
それでもインド音楽と関わっていこうとすれば、どういう形でか環境や関係を作っていかなければ出来ない。
世界に広がるインド音楽も、そういう点で日本は遅れをとってしまっています。

インド国内のみならず、日本や海外でもキャリアを積んでいきたい側。
音楽的なことを学びながら、プロジェクトとしてインドともオープンに交流していける環境を創りたい側。


モーシン来日中、双方の希望や利益にどう近づいていけるか、いろいろと話しています。


これはインド人の特性として、いい面としてもあるとは思うのですが、、
特に海外公演などへ行くと、はっちゃけるというかいつも以上の遊びを加えてくる傾向があります。派手にやったり、ウケ狙いが過ぎて、音楽的には台無しになってしまうことが実際多々あります。

でも、それではただ来ただけで後に何も残らないので、音楽的表現の部分にも突っ込んで話をする必要があります。

本来インドでは、伴奏者であるタブラが何か言ったりすることはないし、
だいたいインドの人はインド人が一番だと思っているところもあるので(笑)
今回も侃々諤々になったりしてますが、今ここでのプロジェクトとして「より魅力的な音楽を伝えたい」その核の想いに遡ると、譲れない部分は譲らないながらも、最後は合意の道を探れるんだということを手応えとして感じています。


ふと、初めてインドに行った時遭遇した場面を思い出します。
インド人同士が激しく何か言い合っていることがあって、でも最後に何かの言葉でぱっと笑いが起きて、お互い手を叩いて丸く収まる。
言葉が分からないながらも、「なんなんだ今のは?いいな」と思ったりしました。


議論はしていいんです。




**
今週4/2土曜に迫ってきたマスミ公演では、ワークショップもあるので、これについてもモーシンとやり取りを続けていますが、ほぼ固まってきました。

バンディッシュと呼ばれるテーマとなるメロディー、ここから全て音楽が広がっていきます。

バンディッシュというのは本当に無数にあるものですが、ワークショップでは、そのひとつを取り上げて、モーシンの解説を交えながら面白さを体験していきたいと思います。

ワークショップは、残席僅かになってきました!




モーシン来日公演も、残るは4/2(土)と4/3(日)の 2公演のみです!

4/3(日)は、2部構成になっていますが、第2部はすでに満席になっています。

お早めにご予約ください!




4月02日(土) 大塚:マスミ(スペースMURO)

【日時】2016年4月2日(土)
【会場】マスミ スペースMURO
    http://www.masumi-j.com/
    東京都豊島区巣鴨4丁目5-2

ワークショップ
開場 13:00 / 開始 13:30
【出演】講師:モーシン・アリカーン
ナビゲーター:指原一登
-----

◎ライブ
開場 15:30 / 開演 16:00
【出演】モーシン・アリカーン (ヴォーカル)
    ヨシダダイキチ (シタール)
    指原一登 (タブラ)
【料金】
ワークショップ》 2,000円
《ライブ》 予約:3,000円 / 当日:3,500円
ワークショップとライブの通し券(要予約)4,500円


▼4月03日(日) 幡ヶ谷:jicca
(カレー&スパイス伝道師・渡辺玲氏による本格インド料理付き限定イベント)

<第1部>
開場 15:00 / 開演 15:30 *ライブのあと食事をお楽しみいただきます
<第2部>
開場 19:30 / 開演 20:30 *食事のあとライブをお楽しみいただきます
http://mohsinalikhan-japantour.jimdo.com/全公演日程-1/

| インド音楽 | 11:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ツアースタートしました!【モーシン・アリ・カーン来日公演2016】

モーシンアリカーン来日公演2016】

いよいよツアースタートしました!

image2 のコピー

成田まで迎えに。今回は、インドでは必須アイテムの一つである通称”スーパースターサングラス”で迎えてみました。この通りお揃いです。


image3 のコピー

3/22(火)ミューズ音楽院でのレクチャーの様子。


image1-1 のコピー

3/23(水)ミューズ音楽院でのリハーサルの様子。


image3-1 のコピー

3/23(水)ミューズ音楽院でのライブ。まったくピントがあっていません。。




すでに22日/23日と、ミューズ音楽院でのレクチャー/ライブを終えました。

この後は26日四谷・東長寺、27日大磯・エピナール、4/2大塚・マスミ、4/3幡ヶ谷・jiccaと続きます。

全公演日程:http://mohsinalikhan-japantour.jimdo.com/全公演日程-1/





**
image1 のコピー

モーシン来日も、昨年に続き2回目とあって、今回が、このプロジェクトを軌道に乗せていくために色々な意味で正念場という位置付けで臨んでいます。

モーシンの招聘は、師匠や巨匠を招聘するのとは意味合いが全く違います。

プロジェクトパートナーとして今後も協力していけるか、音楽的なところとまた別の部分においても、協力関係を築いていけるかをテーマとしています。

それは、日本でインドで、このプロジェクトの存在意義を双方向に創っていくことでもあります。

それこそ、今後将来的に大きく実現していきたいもので、今回はその第一歩として非常に重要な機会という位置付けです。



プロフェッショナルな仕事として、今後も継続させるには、演奏は最低限当たり前のこととして、それ以外の部分で意識・コンセプトの共有、連携・信頼の構築をしていかなければなりません。

今の時代にあって、文化の違う海外の人間と仕事をしていくことは、普通のことではありますが、伝統文化を扱うという意味での難しさは実際あります。

単にビジネスとしてではなく、音楽においては、彼はその伝統の中で小さい頃からきちんと教育を受けてきているので、こちらは学ぶ側です。

彼自身も、伝統、そして社会の中では、まだまだ若手であり、武者修行中の身であり、多くのことを身につけていかなければならない立場です。

きわどいバランスを取りながら、その立ち位置や今後のヴィジョンを共有していく作業。



ただ、彼もピュアな人間であるし、人間的な信頼関係は作れてきているので、なんとかうまく繋げたい。

来日初日から、そんな話や議論や練習を繰り返しながら進めています。

とは言え、実は、、色々問題も多くて、、まだまだ予断を許さない状況ではあります。。


ここは皆様に、ぜひ応援していただけると有難いです。

モーシンアリカーン2年目、まだまだ応援よろしくお願いします!



image5 のコピー

今回は、タブラ奏者のきゅうりくんも来日実行委員会に加わり、一丸となってプロジェクトを進めています。


image4 のコピー

デリーから来たモーシンにとっては、まだまだ寒い日本。ホットカーペットが気に入った様子です。



公演日以外の日程は、個人レッスン/Private classを受け付けています。

今からでもまだ数コマ空きがありますので、受け付け可能です。インドの声楽を学べるまたとない機会なので、ぜひお申し込みください。
http://mohsinalikhan-japantour.jimdo.com/グループ-個人レッスン/





**
image2-1 のコピー

僕自身の共演は、4/2(土)大塚・マスミ公演のみになります。

この公演も、ただ共演するというだけでなく、今後プロジェクトを進める上で重要な位置付けをしています。

これについては、またあらためて詳しく書きます。


ライブ・音楽をより楽しんでいただくために、ワークショップ&ライブとして企画したこの公演。
ワークショップからの通し券は、残席も少なくなってきています。

どうぞお早めにお申し込みください!



■4/2(土) モーシンアリカーン来日公演
HEAT bEAT MUSIC主催:マスミ公演 ワークショプ&ライブ
160402_mohsin_blog.jpeg

https://www.facebook.com/events/213473402331018/

【日時】2016年4月2日(土)
【会場】マスミ東京 スペースMURO
    http://www.masumi-j.com/
    東京都豊島区巣鴨4丁目5-2

ワークショップ
開場 13:00 / 開始 13:30
【出演】講師:モーシン・アリカーン
ナビゲーター:指原一登

インド音楽に触れるワークショップ

演奏をより楽しんでいただくために、ちょっと独特なメロディーとリズムの関係、特にライブで演奏予定の曲を取り上げて、その一端に触れていきます。

メロディーのこと、リズムについての簡単な解説、そしてお互いがどう絡んでいるかを、拍を取ったり歌ってみたりしながら体験していただくワークを取り入れていきます。

歌や音楽の経験に関わらず、どなたでもご参加いただけます。

※メモを取りたい方は筆記用具をお持ちください。

-----

◎ライブ
開場 15:30 / 開演 16:00
【出演】モーシン・アリカーン (ヴォーカル)
    ヨシダダイキチ (シタール)
    指原一登 (タブラ)
【料金】
ワークショップ》 2,000円
《ライブ》 予約:3,000円 / 当日:3,500円
ワークショップとライブの通し券(要予約)4,500円

(ワークショップとライブ両方ご参加の方は、休憩時間にマスミギャラリーをご覧いただけます。また会場施設一階スペースで、簡単なドリンク・スナックをご用意しております。)


| ライブ予定 | 12:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

分かったと出来るというのは、地表と大気圏外くらい違う。

_DSC6997 のコピー 2


バランス、、、

今まで思っていたバランスよりも、それは、どんでもなく多次元・全方位的で奇跡的とも言えるものだった。

モーシン公演に向けて続けているヨシダダイキチさんとの練習。

今日は、そのバランスの意味が分かった、というか見えた、というかそういうことだったのか、と認識が広がったような感覚があった。





*

「バランスが悪いよね」

これは、タブラのレッスンを受ける度に指摘されること。それは単に、左右のバランスとか、音の粒のバランスとか、強弱、打点、そんな風に打楽器的な部分で捉えていた。もしかしたら、タブラのレッスンの上ではその意味だったかもしれない。

だけど、今日認識できたバランスというのは、タブラの音についてだけでも、アタックと余韻のバランス、音量が変化しても空間に広がる気体としての音のバランス、テンポと体の動きのバランス、音の重心と体の重心、呼吸、意識の置き方、メロディと絡み合って来たときには、それはもっと無数に複雑で多次元的なバランス、そしてタイミングとの関係になってくる。





*

もちろん、分かったと出来るというのは、地表と大気圏外くらい違う。

地下から地上に出て、今まで見えなかったものが視界に入ってきてみたら、そこにはとんでもない広い世界があって、その先の宇宙に行くために、とんでもない課題が山のように積み上がっているのを知ってしまった、という感じ。

そうか、ロケットにはやっぱり奇跡的なバランスが必要だったんだな。。

でも大気圏の先は、限界もゴールも到達点もない、果てしない本当の音楽の世界。

アリの一歩でもまだ進む気です。ひとつひとつ意識的に練習するしかないのです。




*

と悠長なことを言っている間に、なんだかんだとモーシンも次の連休には来日です。

とにかく、来日期間中も最大限成長できるように、多元的・全方位に意識を広げておきたい。

まだまだ旅はこれからです。








■4/2(土) モーシンアリカーン来日公演
HEAT bEAT MUSIC主催:マスミ公演 ワークショプ&ライブ

160402_mohsin_blog.jpeg

https://www.facebook.com/events/213473402331018/

【日時】2016年4月2日(土)
【会場】マスミ スペースMURO
    http://www.masumi-j.com/
    東京都豊島区巣鴨4丁目5-2

ワークショップ
開場 13:00 / 開始 13:30
【出演】講師:モーシンアリカーン
ナビゲーター:指原一登

-----

◎ライブ
開場 15:30 / 開演 16:00
【出演】モーシンアリカーン (ヴォーカル)
    ヨシダダイキチ (シタール)
    指原一登 (タブラ)
【料金】
ワークショップ》 2,000円
《ライブ》 予約:3,000円 / 当日:3,500円
ワークショップとライブの通し券(要予約)4,500円




*****

全公演日程


<レクチャー>
3月22日(火) 代々木:ミューズモード音楽院 本館

ワークショップ
4月02日(土) 大塚:マスミ東京(スペースMURO)
https://www.facebook.com/events/213473402331018/

<ライブ>
▼3月23日(水) 代々木:ミューズモード音楽院 本館
https://www.facebook.com/events/526152307554705/

▼3月26日(土) 四谷:曹洞宗 萬亀山 東長寺
https://www.facebook.com/events/231287503873374/

▼3月27日(日) 大磯:エピナール
https://www.facebook.com/events/1172592246085889/

▼4月02日(土) 大塚:マスミ(スペースMURO)
https://www.facebook.com/events/213473402331018/

▼4月03日(日) 幡ヶ谷:jicca
(カレー&スパイス伝道師・渡辺玲氏による本格インド料理付き限定イベント)

<グループ&個人レッスン>
3月24,25,28,29,31日

モーシンアリカーン プロフィール:
https://www.youtube.com/watch?v=JUAPEHFGkSQ

オフィシャルサイト:
http://mohsinalikhan-japantour.jimdo.com/
FBページ:
https://www.facebook.com/mohsinalikhan.japan.2015/

昨年のライブ(インド大使館ホール):

| インド音楽 | 06:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「シィナバシィナ(胸と胸を合わせる)」⑤苦手なところにヒントが隠されている

タブラ目線 のコピー




モーシンのインタビューで触れられた「シィナバシィナ(胸と胸を合わせる)」

この言葉をキーワードに書いていきます。



インタビューの中で、「デーカ・シーカ・パリーカ(見る/面と向かう/練習し現場で工夫する)」ということも言っています。

この中でも特に「シーカ(面と向かう)」が一番大事だということです。






**

「苦手なところにヒントが隠されている」



これはタブラの先生であるU-zhaan の言葉です。日頃呼んでいるように、湯沢さんの言葉として紹介したいと思います。

この冬はインドへ行っていないので、先日湯沢さんのレッスンを受けに行きました。

そこで、また同じことを言われてしまいうなだれました。実はもう何年も言われ続けていることだからです。

これも、いままで「面と向かう」姿勢がどれだけ足りなかったか、という表れだと「シィナバシィナ」というキーワードに出会って痛感してます。




「苦手なところにヒントが隠されている」



湯沢さんからは何度か聞いている言葉です。

得意なところを伸ばしていく。色々なところでそんな考え方も耳にしますが、タブラに関しては「苦手だから捨てておく」ことの出来る部分は

『ない』これが答えです。

苦手なところは捨てておけるのならそうしたい、練習するのもしんどいし。。

やっぱり苦手から逃げていたんですよね。

でも、じゃあ得意なところって何?どれだけ伸びてんの?というときに、実際ぜんぜん伸びていない。。




「苦手なところにヒントが隠されている」



結局、苦手を克服するために一から全部やり直す羽目になっています。

フォームから叩き方から体の使い方から。根本的にはその取り組む姿勢から。

相当意識してないと染み込んんだ癖はなかなか抜けないし、おかげでぎこちなくもなります。

でも、やっぱりそれが一番の近道だろうし、それしかないんだなと実感しています。




*

今年のモーシン公演は、このプロセスを経て、昨年の共演とは全く別物になってくるはず。

どこまで伸ばせるか。それだけです。








[ モーシンアリカーン来日公演2016 ]

モーシンアリカーン来日公演オフィシャルサイト
http://mohsinalikhan-japantour.jimdo.com

来日公演FBページ
https://www.facebook.com/mohsinalikhan.japan.2015/

■4/2(土) HEAT bEAT MUSIC主催:マスミ公演 ワークショプ&ライブ
https://www.facebook.com/events/213473402331018/

【日時】2016年4月2日(土)
【会場】マスミ スペースMURO
    http://www.masumi-j.com/
    東京都豊島区巣鴨4丁目5-2

ワークショップ
開場 13:00 / 開始 13:30
【出演】講師:モーシンアリカーン
ナビゲーター:指原一登

-----

◎ライブ
開場 15:30 / 開演 16:00
【出演】モーシンアリカーン (ヴォーカル)
    ヨシダダイキチ (シタール)
    指原一登 (タブラ)
【料金】
ワークショップ》 2,000円
《ライブ》 予約:3,000円 / 当日:3,500円
ワークショップとライブの通し券(要予約)4,500円


■昨年の演奏(インド大使館ホール)



| インド音楽 | 12:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。