タブラ奏者 指原一登 オフィシャルサイト

新着情報・ライブ情報・ブログは、新オフィシャルサイト kazutosashihara.com へ移行しました。HEAT bEAT MUSIC 主宰。公演企画・タブラ教室の運営を行っています。

2015年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『守・破・離』


『守・破・離』


rikyuu_s.jpg


わび茶を完成した千利休(1522-1591)の教えを、和歌の形式にまとめた「利休道歌」 (りきゅうどうか) のひとつに、


『規矩作法 守り尽くして破るとも 離るるとても本を忘るな』


という歌がある。

-----


「規矩(きく)作法」とは、規範、決まりごと、作法のこと。

「守」とは、こうした決まりごとや、作法、あるいは基本となる「型」を正しく守りつつ修行し、それをしっかりと身につけることを言っている。あるいは師から伝えられたことを、とにかくしっかりと守ること、という意味も含まれる。

「破」とは、こうした基本や型を自分なりに工夫し、自らのスタイルを見つけること。

「離」とは、「破」の段階を過ぎ、こうした自分のスタイルにさえとらわれない自由な境地のこと。

と述べたもの。



この歌から引用したと言われる『守・破・離』という言葉は、特に師弟関係を重んじる芸道や武道の世界で、稽古や修行の段階を表現するものとしてよく用いられる。

まず基本をしっかりと身につけ、その上で自分独自の世界を作り上げ、最後は何事にもとらわれないような自由さを獲得することこそ、修行の目的である。そしてそんな最高の境地になっても大切なのは基本である。つまり、修行をする上で、進むべき各段階を示し、最高の境地に達したとしてもやはり「本(もと)」、つまり最初の基本を「忘れるな」という意味だ。


-----


インド音楽の世界も、全く同じだ。

先のインド修行で見て来たこともそうだ。「守」を経た沢山の優れた若手奏者が、自分のスタイルや居場所を求め「破」を通して凌ぎ合う。そして自己のスタイルを確立した巨匠でさえ「離」も求めて進化し続ける。

これは、レベルがどうだからとか、巨匠だから違うとか、そういうことではなく、どの個人も踏んで行くべき道だ。

ムンバイで先生が言っていた。

「師匠と比べれば、自分だって未熟だ。でもそれぞれの道を最前の努力で進んで行くだけだ。」


-----


『守・破・離』の中でひとつポイントだと思われること。

それは、自分の知らない新しいものを取り入れようとするとき、「規矩(きく)作法」つまり規範、決まりごと、作法のことなどを、とにかく覚えようとする。これ自体は、その先に進むために必要不可欠な行為であるけれども、往々にして先人の言葉や教科書に書かれた文字をそのまま頭に入れ込むだけの作業となることがある。そして、「目的のための基本の大切さ」を見極める作業を忘れがちになる。この本質の部分を理解しない限り、その先の「破」「離」に進むことはできないということだ。覚えること、学ぶこと、「守」それ自体が目的となってしまうと、その道の本質から外れてしまい先に進めない。


ここは、インド音楽を、特に日本人も含め外国人がやる場合に陥りがちな点だ。まず「守」の過程が困難というのもあるだろう。でも、それではやはり本質から外れたものになってしまう。「守」の先がないから、その過程の知識を消費する側に回ってしまう。


この『守・破・離』というサイクルは決して一巡のものではなく、「離」の先にもまた基本があり、新しいプロセスが始まるという。


目的と道を外れることなく進んで行きたい。

| 音楽 | 18:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

伝統の活力?『ヨシダダイキチ x 指原一登』at MURO ライブ終了


昨日の、大塚・スペースMUROでの「ヨシダダイキチ x 指原一登」のライブ、終了しました。

P1190709_ED_s.jpg


反省点で良かった点は、必要な音のイメージ、出したい音のイメージが、だいぶしっかり見えて来ていたこと。
その分、実際に自分が出した音との差も冷静に見られていた。

インドで先生も言っていた。いつも意識が先で腕が後からだと。
だから意識、目指す水準はいつも高めていかなければ、当然伸びない。
見えているということは今後に繋がるということ。
インドで得て来たイメージの水準は高い。
昨年から続けている具体的な検証作業で、自分をそこに近づけて行きたい。



P1190705_ED_s.jpg



会場として利用させていただいたスペースMURO。
ここは、掛け軸や屏風といった「表具」の具材を扱う「マスミ」という会社の、元々は漆を塗った後に乾燥させる「室」を改装した、壁材に和紙が使われた場所。

この会社は、和紙などの日本の伝統文化を、若い世代や広く海外に広める活動をしていて、その点、インド音楽という伝統的な音楽をやっていく上で、多くの共通点と良い共振を得られる機会ともなった。

例えば、伝統が伝統として続いているのは、常にその時代を生き生きと生きて来たものであるからこそ。
受け継がれ守られていくことと、その時代の感覚を取り入れることが、パラレルに存在しているというのが伝統であるというようなこと。
「伝統=古い」なんて解釈は大間違いだ。

守り・受け継ぐと同時に、そこに活力がなければ、どんなことでも廃れていってしまう。
まして活力のない音楽なんて、どんな価値があるんだろう?
インドでは、その活力が強烈に渦巻いていた。




アップルのスティーブ・ジョブスの残した言葉に、次のようなものがある。

”クリエイティビティとは、単に物事を繋いでいくことだ。
もし、クリエイティブな物事を成し遂げた人間に「どうしたらそんなふうにできるのか」と尋ねても、彼らをこまらせてしまうだけだと思う。
なぜなら彼らは何かを「見た」だけなんだ。明らかに見えていただけなんだよ。
そんなことは後になってしか分からないことなんだ”



クリエイティビティやイノベーションというものも、大きな視点で見たら、伝統といわれるものの先端部分にあって、後に伝統文化となっているのかもしれない。

それは後になってみないと分からないことだ。




最後になりましたが、ご来場いただいた皆様、どうもありがとうございました。

| ライブレポート | 00:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。