タブラ奏者 指原一登 オフィシャルサイト

新着情報・ライブ情報・ブログは、新オフィシャルサイト kazutosashihara.com へ移行しました。HEAT bEAT MUSIC 主宰。公演企画・タブラ教室の運営を行っています。

2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

●9/11(土) ■ native tribaRHYTHM vol.2■

nativetribarythm.jpg


一口に[World Music]と言えど様々
クローズアップされにくい音楽を追及する者もまた様々
そんな[Third World]をbreakdownする新感覚ミュージックイベント


2010/9 /11(sat) 24:00
@ 幡ヶ谷 HEAVY SICK

東京都渋谷区西原 2-27-4 B1
TEL: 03-3466-1445

http://www.heavysick.co.jp/

CHARGE/\1,000


:LIVE

アサギイロ
(オーガニックジャム)

Opium poppy
(Suck my dick if you want)

Scott Jordan
(和琴)


:DJ

山岸ユーマ [4REBELS]

Ueda [Vienda!]

umesaco [ocean liner]


:LIVE PAINT

Cohshi

Age Requirement: 0+


詳細: http://events.myspace.com/Event/6723328/-native-tribaRHYTHM-VOL2-#ixzz0xcIOX0hd

| ライブ予定 | 20:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

溶ける~!!!

日曜は「山のおんぶ」という野外フェスにアサギイロで参加してきました。

千葉県の成田空港と九十九里浜の間くらい(?)の場所にある山武の森公園というすごい気持ちいい公園があって、そこで行われた今年が第一回の音楽フェス。


我々は朝新宿で集合して車で一路会場へ。
なにせ初めての場所ってことで、途中ナビに何度か惑わされ道を間違えながらも何とか到着。

会場に近づくと山武の森というだけあって自然がー!いっぱいー!
な感じで上がってきます。

しかし


なんじゃこの暑さは!



車を降りるともう猛暑。
千葉県は東京よりも暑いのか?と思いましたが、2時間ちょいかかってるんで朝と日中を比べても意味ありません。

ユウゴが帽子屋を出店するということでテントをひとつ割り振られ、ちょうどそこがアサギイロの拠点となりました。
しかし日はまだ午前中。
テントの中まで日が入ってきます。

暑い!




13時からのイベントはだいぶオシながらも始まりましたが、あまりの暑さに演奏者も大変です。
ダンサーに至ってはステージの後倒れてたもんな。。

というなか僕らも15時半過ぎから演奏。

しかし、、



なんじゃこの暑さは!




たぶんこの時点でみんなもう熱中症状態だったんじゃないでしょうか。
西に傾いた日差しが、ステージ上の屋根をあざ笑うように容赦なく照りつけてくるではありませんか!
全身汗が止まりません。
もうベビーパウダー風呂に入っても無駄なんじゃないか?という感じです。

お客さんも遠くの日陰まで下がっちゃってるし。
お~い。



演奏が始まると、もうバヤのガブが溶ける溶ける。
パンに塗るチョコレートクリームじゃないんだから(怒)
おい!どこまで溶けるんだ。勘弁してください!

カホンのマサホが入って初ライブだったけど、一体演奏はどうだったんでしょ?
中音が聞こえなさ過ぎてってのもあるけど、実際かなり凹んだライブやった。。。
この辺にしとこ。


ステージ後は、ガブが溶けて汚れてしまった皮を拭き取り、溶けた部分はつるつるの石で気持ち修復(涙)






夜は森の中のキャンプサイトでセッション。
これが一番気持ち良かったわ。

演奏してると人も集まって来て、この日参加のミュージシャンともセッション・セッション!
カホンのなお君は上手かったなー。

演奏がなんとなく終わったタイミングで
「あのーイベントは終わってますので、、」

もうイベント終了の21時過ぎてました。



結局ほとんどほったらかしだった帽子屋の出店は意外にもそこそこ売れました。(暑かったしね。帽子は必需品でしたよ)



帰りは車を飛ばして新宿で解散。

どえらい疲れました~。
おつかれ!










| ライブレポート | 10:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プルバヤン・チャッタルジー&アヌブラタ・チャッタルジー ~Japan Tour 2010~

蒲田にあるインド食材店『インドバザール』。
いろいろとお世話になってます。

新しい厨房に欲しいと思っていたスパイス達。
やっとこ揃ったコイツらで早速ダールを料理。
いや~ヤバい!
美味い!上手い(俺!)

肉のハナマサもびっくり!業者が仕入れにくるスパイス等の食材は、安過ぎて小さいパックでも大層な量。
現地並みに毎日消費しないと減りません~。




さてさて、本題!そんなインドからついに僕の先生来日!!!

プルバヤン・チャッタルジー&アヌブラタ・チャッタルジー ~Japan Tour 2010~


超絶だけじゃない意識の高さとエネルギー。
どこまで登り詰めるつもりだろう?

日本で!生で!観れるんですよ!
見逃す手はぬぁい!



******************************************************************************

世界一短く感じてしまう、1曲60分の即興音楽

良い映画や楽しい会話が時間を忘れさせてくれるように…、
そして、もっと続きを知りたくなるように…、
彼らの奏でる音楽は、聞く人の脳を現実から切り離す。

「ビートルズ」や「ビョーク」、「ジョン・マクラフリン」など数々のトップアーティストが
その音楽性に惚れ込んだ"北インド古典音楽の現在"とは?

インド本国で名実ともにトップアーティストの2人が、
世界中の音楽ファンを虜にした演奏を、日本初公開!



◆◆◆◆京都公演◆◆◆◆

プルバヤンチャタジーTOUR2010Liveat京都知恩寺-仏手ゴッドハンド-
美術:古代人

2010年9月19日(日) Open 17:30 声明17:45 Start 18:00
会場/浄土宗大本山 百萬遍知恩寺[Chion-ji Temple]
京都市左京区田中門前町103  
http://www.eonet.ne.jp/~hyakusan/→Google map
前売:3800円/当日:4500円

★チケット取り扱い★
イープラス  http://eplus.jp/

お問い合わせ・知恩寺インド音楽コンサート実行委員会 ujp369@gmail.com 電話080-3117-4098





◆◆◆◆東京公演◆◆◆◆
2010年9月26日(日) Open 19:00 Start 19:20
会場/杉並公会堂 小ホール[Suginami Koukaidou]
東京都杉並区上荻1丁目23-15 TEL:03-3220-0401 
http://www.suginamikoukaidou.com/→Google map
前売/メール予約:3900円/当日:4500円 (学生)前売り2000円

★メール予約受付・お問い合わせ purbayan.jp.tour@gmail.com
メールでのご予約の方は、お名前、連絡先、枚数をメールください。
当日チケット引き換えを18:40頃から行います。
★前売りチケット取り扱い★
★イープラス


お問い合わせ・プルバヤン&アヌブラタ招聘実行委員会 purbayan.jp.tour@gmail.com 電話090-9807-9207


***********************************************************************

2人はインド音楽界の'超エリート

□人気、実力No1の超新星
 プルバヤン・チャッタルジー(シタール)
故ニキル・バナルジーの直弟子である父親のパルト・チャタルジーよりシタールを習う。
わずか5歳で演奏家デビュー。
14歳でインド大統領賞を受賞。圧倒的な表現力と超絶技巧で、
演奏は「神懸かり」とも称される。ザキール・フセインとも共演し、
今やインド国内のみならず、世界中でもっとも人気のあるプレイヤー。
イギリス。オーストラリア、フランス、世界各国のなだたる音楽フィスティバルに出演。

関連サイト
□オフィシャルサイト→http://www.purbayan.com/
□YouTube→Raga Yaman
□YouTube→ザキール・フセインとの共演
□YouTube→英国ダルバールフェスティバルでの演奏

□巨匠アニンド・チャッタルジーの息子
 アヌブラタ・チャッタルジー(タブラ)
世界でも1、2の指に入り、U-zhaanの師匠でもある
巨匠アニンド・チャッタルジーのひとり息子。
25歳の若さにしてシブクマール・シャルマ、シャヒッド・パルヴェス、
ハリプラサード・チョウラシアといった世界的にも著名な伝統音楽家と共演。
アメリカ・イギリスなど、世界各国で演奏活動中。愛称は「ブブイ」。

関連サイト
□オフィシャルサイト→http://anubrata.com/
□YouTube→父親アニンドチャッタルジーとの共演
□YouTube→フュージョン音楽での演奏

| 音楽 | 01:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。