タブラ奏者 指原一登 オフィシャルサイト

新着情報・ライブ情報・ブログは、新オフィシャルサイト kazutosashihara.com へ移行しました。HEAT bEAT MUSIC 主宰。公演企画・タブラ教室の運営を行っています。

2009年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

●12/5(土) Special Live Art Show

ときどき街を散歩するのは好きですね。

先日都内某下町を歩いていたら、バス停に・・・

busstop.jpg

なんだかかわいいイスが並んでるのを見つけましたよ。

どう考えてもバス会社が設置したものじゃない。

いつもこのバス停を利用してる人が持ってきたのかな?

バスは電車ほど時間通りじゃないしね~

立って待ってるのも疲れるしね~

ウチにあっても使ってないしね~

まぁ、みなさんどうぞご自由に。

なんだかいいですね。




今週末はアートイベント。

ライブで洋服をデザイン・制作する?

しかも着物の古帯から?

”Rebirth”

をコンセプトに、ほんとカッコイイ服を作っているデザイナー・Yuha*、

彼女が仕立てた服にペインター・Key&志賀万里奈が絵を描く?

さらにショウのインスピレーションとなるかのように、アサギイロが音楽を担当する?

どんなミラクルが生まれるか・・・



●12/5(土) 「Remember our great Wing & Love」
             Special Live Art Show @Pierrot club



デザイナーが着物の帯から服を仕立て、ペインターが色を描き、ミュージシャンがそれを盛り上げる!
果たしてどんな仕上がりをみせるのだろう。

デザイナー x ペインター x ミュージシャンの即興によるコラボレーション!!!
刺激的なアートショウとなること間違いなし☆


出演: Yuha*(F・Designer)、Key&志賀万里奈(Painter)、アサギイロ(Sitar&Tabla)
時間: 19:00~(30mins)
場所: Pierrot club
    横浜市青葉区青葉台1-6-1 アーバンリゾートB1F
    045-983-3367
    田園都市線「青葉台駅」徒歩2分
地図: http://www.mapion.co.jp/phonebook/M09001/14117/0459833367-001/
料金: 500yen



青葉台は、田園都市線で渋谷から一本。

良かったら是非!


| ライブ予定 | 23:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いったいどこまで響いてくるんだろう。

”THIS IS IT” 

心がふるえました。

彼の姿勢・言動には心打たれるものがあります。

こういう映像を撮っていてくれたことに感謝したい。



もちろんマイケル・ジャクソンの ”THIS IS IT” です。


10/28(水)~2週間限定の上映で、2週間の追加公演てことは明日まで(?)
まだの方は、仕事をキャンセルしてでも観てください!



僕は特に彼のファンというわけでも、彼の音楽を通ってきたわけでもなく、

その死に際してすら正直他人事であったけれど、

今はひどい喪失感を覚える。



仮に彼と関わった、仕事をした人間であったならば、その喪失感は計り知れない。

ダンサー、ミュージシャン、厳しいオーディションを経て、この仕事のためだけにやって来た。

ここが頂点だ、この先は考えられない。

人生の意味を探していた ”THIS IS IT”

そうして集まってきた人々。


それだけのものが、確かにある。



ショービズの象徴として敬遠してさえいたところ

でもそこには、最高の才能と技術と情熱が集まり

”なにもかもが飛びっきりの” もの

彼らが作ろうとしていたもの

それは確かに生まれていた。



映画最後のマイケルのスピーチ

それが彼のすべて



LOVE



彼のメッセージはいったいどこまで響いてくるんだろう。


ありがとう


| 日記 | 21:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タキシドンヌ

タブラ奏者でアサギイロのメンバーのミヤンキ。

先週末、彼の結婚式があり、二次会に出席してきました。


ミヤンキ2

結婚おめでとう!!!


やっぱり人生の大きなイベントですよね。

新婦さんが終始ニコニコしていたのは、とても印象的でした。

いいもんですね。

ホント末永くお幸せに!





しかし、


タダでさえこの日の準備やら後片付けやらで忙しい日々、

にも関わらず、

この一ヶ月くらい毎週々々ライブやらリハやら・・・

二次会でもタブラソロしっかり決め、



んんん~、


ひとつだけ確実に言えることは、




宮木くん ”タキシードでタブラ” ハマッてます☆


| 日記 | 00:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クリエイティブな刺激

Yuha*は 古着をメインに、Organic素材を使い服・小物を製作しているデザイナー。
12/2~30まで開催される彼女の個展「Remember our great Wing & Love」、その一環として行われる「Special Live Art Show」。

そのイベントにアサギイロがコラボ参加することになりました。



ということで先日、打ち合わせのため、会場となる青葉台にある美容室「Pierrot club」へ行ってきました。

Yuha*ことユミちゃんとお会いしたのは、この時がはじめて。
そこで彼女の取り組みの一端に触れたんだけど、Rebirthってコンセプトで古着や古布からNeo Designの服を生み出す、またライブ・アートとして即興で服を制作するということをやっていて、ん~なんだかすごく面白いんです。

なんというかクリエイティビティが刺激されて非常にいい感じですね。
切ったり、貼ったり、縫ったり、書いたり、最近忘れてたこんなこともムズムズしてくる感じですね。



さて、その「Special Live Art Show」というのが12/5(日)に行われるんですが、、、どこまで言っていいのかな?

・・・分からないので止めときます。

分かったらまた告知します。

何しろ、デザイナー x ペインター x ミュージシャンの即興によるコラボレーションです!


いい刺激を受けると思うので、是非たくさんの人に感じてもらいたいオススメのイベントです☆





●12/5(日) 「Remember our great Wing & Love」
             Special Live Art Show @Pierrot club


出演: Yuha*(F・Designer)、Key&志賀万里奈(Painter)、アサギイロ(Sitar&Tabla)
時間: 19:00~(30mins)
場所: Pierrot club
    横浜市青葉区青葉台1-6-1 アーバンリゾートB1F
    045-983-3367
    田園都市線「青葉台駅」徒歩2分
料金: 500yen




12/2~30まで美容室Pierrot clubで個展が開催されています。

店長の風通しの良い人柄もあってか、このお店もすごくいい感じ。
いいバイブを感じる場所です☆


| ライブ予定 | 02:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界遺産と湯葉天

東京に住んでると耳が休まる暇ってほとんどないんですよね。

たまには自然の中で、風の音・水の音・森の音・日差しの音などに耳をすますのも必要です。



ということで山にでも登りたくなって、めざすは世界遺産の日光は男体山、朝5時の電車に飛び乗りました。

東武日光駅に着いて、聞いてみると男体山はすでに10月末で閉山しているとのこと。
そこで竜頭の滝~高山~小田城原~戦場ヶ原を歩くルートに急遽変更です。


tobluesky.jpg

風は冷たかったけど、幸いご覧の天気です。


この時期はもう紅葉シーズンも終わっていたので、名所はともかく、山などは空いていた、というか閑散とといった感じでした。


senjogahara.jpg

でも静かに自然を楽しむにはぴったりですね。


takayama.jpg

高山、行くまで聞いたことありませんでした。
たぶん登る人も少ないんだろうな~。
登山道はあまり人が歩いてる風でなく、所々倒木や落ち葉で分かりづらくなっていて、実際下山中に道をちょっと見失いました。。

低山でも遭難するので注意が必要です!



roots.jpg

とはいえ自然のアートもたくさん発見。


shirakaba2.jpg

マイナスイオン補給です。



帰りに食べた「まいたけ天入り鍋焼きうどん」は冷えた体に染み入りました。

そして日光と言えば「ゆば」。
「湯葉天ぷら」も美味でしたよ☆

| 日記 | 23:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ひゃくまんつぶ」の夜

日曜日は渋谷バリカフェ・モンキーフォレストでの、第一回「ひゃくまんつぶ」ライブでした。


お越しいただいた皆様、どうもありがとうございましたー!

遠方からお出での方、出演者の知人、ものすごく久しぶりの友人、そのまた友人、などなどいろんな方と話ができたり繋がれたり、おかげで有意義な時間が共有できたなと思います。


それこそ「ひゃくまんつぶ」です(笑)
いやホントですよ。
たくさんの種が蒔かれた、そんないい夜になりました。


音楽で、そしてそれをきっかけに、その時その場所だからこそ生まれたものってあると思うんですよね。


「ひゃくまんつぶ」はこれから育ってゆく企画です。
「ひゃくまんつぶ」はボーダーレスです。
いろいろなコラボレーション企画、その他なんでもお待ちしています!

みなさまよろしくお願いします☆




会場となったお店・モンキーフォレストは、雰囲気もいいし、料理もおいしいし、インドネシア人の店員さん達はすごくフレンドリー☆
普通に食事しに行くにもオススメのお店です。マジで



Saraswati企画。
出演、Saraswati・アサギイロ。
両バンドで活動する僕は勝手にダブルヘッダー、めいっぱい演奏させていただきました。

有難いことです

やっぱ演奏してるの好きだな~

もっともっと自由に自在に演奏できるようになりたい!


Saraswatiサウンドは、この場所だとなんだか相乗効果が出るような気がします。
場の雰囲気がマッチするというか。
スティールパンも映えますね。

そしてアサギイロにとっては、記念すべき初ライブとなりました!
これからも期待してください!



今後とも、Saraswati・アサギイロ共々よろしくお願いしますー!


| ライブレポート | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「屋台村ライブ」と「ろじ式」 その2

「維新派・ろじ式」本公演について。

初めて観た「維新派」。

結論から言うと、相当刺激的でした。

イマジネーションを大いに刺激されたし、作品としての完成度の高さと、舞台芸術の可能性ってものを感じるものでした。




すごいな。

松本雄吉さん(屋台村でちょっとお見かけしたけど)て人の頭の中を覘けたら覘いてみたい。


”想像力”

そこには無限の可能性を感じるし、それこそが全てだとも信じてる。

想像する力、そしてそれを創造する力。


そういうことを改めて意識させられた。




舞台は非常に音楽的、というよりか音楽そのものの映像化・さらに実演化というべきか。

内橋さんによる、変拍子の不思議な曲たちと、それに乗せて演ぜられる言葉と動き。

完成度の高さはホント脱帽です。
どうやったらあんな人数であんなことをあんなにぴったり合わせられるんだろう。

タブラやってるから特に思うけど、「変拍子難しいな~」なんていってる場合じゃないよ!ホント



想像力を刺激されるって点では、やっぱり音楽偏重で、

正直、舞台など視覚的要素の強いものにはあまり価値を見出して来なかったけど、

価値観転覆です。




いい~もん観させてもらいました。

それもこれも、たまちゃんありがとう~!!!(再)

| 音楽 | 21:06 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「屋台村ライブ」と「ろじ式」 その1

10/31(土)は「にしすがも創造舎」での「維新派屋台村ライブ」でした。

たくさんの方に観に来ていただき、どうもありがとうございました!

091031屋台村.4

引きの絵はこんな感じで

091031屋台村.6
廃校になった学校跡を利用した「にしすがも創造舎」、そこに建てられた維新派の屋台村、そこに設けられたステージのコンセプトは田中家(?)。
まるで舞台に作られたような茶の間空間はまるでコントのよう(笑)

いやいや、シタールx5、タブラx2の大家族「ゆゆひたり」の団欒を表現するのにはもってこいの場所でした。



そしてこの日はなんとタブラの師匠、湯沢さんが観に来てくれました。

当然、生徒であるミヤンキと僕はステージ前に一通りプレッシャーをかけられます。
シタールのみんなもプレッシャーを感じていたようですが。。

こういうときはもっと練習しとけば良かった思ったりもしますが、突然難しいことが出来るようになったりすることもないので、やれることを出来るだけ丁寧にやるだけです。

この日は2回公演だったのですが、観に来てもらった2回目の方がいろいろ改善もしたし、結果全体的にもまとまった演奏が出来たんで良かったかなと思います。





今回は、元・維新派スタッフで、シタールのたまちゃん(「ゆゆひたり」のリーダーです♪)のおかげで参加させてもらうことができました。
屋台村、ライブ、そして維新派本公演の観劇を通して、たまちゃんの”維新派愛”がすごく伝わってきたし、それが納得できました。


ライブを観に来てくれたお客さんもたくさんいたし、屋台村はいい感じで盛り上がってました。

ラッキーなことに、維新派が新国立劇場から贈られていた「瓶入りの紹興酒」をこの日”開瓶”!
飲み放題ってなことになって、ついつい飲みすぎです・・・

091031屋台村.9

そんなこんなで屋台村終了の時間までみんなで飲んでたんだけど、
屋台を手伝ったりもしてたたまちゃんが、「みんながこうやって最後まで残ってくれて楽しんでくれて嬉しい」と言うのです。


いや、、そんなんこっちも嬉しいっす。

ありがとうございました!!!



| ライブレポート | 20:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。